このページの先頭へ

ZOJIRUSHI

見るお茶!?カル茶〜

見るお茶!?カル茶~

きょうの映画は、ちょっと昔のドイツのコーヒーショップが出てくるみたいル~ン♪

天使もうらやむ、憧れの一杯 ベルリン・天使の詩

1987年/西ドイツ・フランス

物語の主人公は、ベルリンの街を静かに見守る天使ダミエル。モノクロの世界で、何の感覚も持たずに永遠を生きる天使の生き方に疑問を感じ出した彼は、次第に、限りある命の中でも様々なことを感じながら生きる人間に憧れを抱くように…。そんなメルヘンチックな物語をスタイリッシュな映像で描くこの作品では、コーヒーが印象的に登場しています。

画像

ある日ふとコーヒーの移動販売車に立ち寄ったダミエルは、一人の不思議な俳優に出会います。ダミエルの姿が見えないにも関わらず、気さくに話しかけてくる彼は、コーヒーやタバコ、絵を描くことなど、「生きることの素晴らしさ」を語るのです。話に引き込まれた様子のダミエルは彼と別れた後、人間になることを決意。呪文を唱えて静かに目を閉じます。再び目を覚ましたダミエルの前に広がっていたのは、様々な色に彩られた街の風景。その鮮やかさや冬の寒さを子どものように楽しみながら、彼はいそいそとあのコーヒーショップを目指したのでした。注文したのはミルクも砂糖も入れないブラックコーヒー。熱いカップを両手で大事そうに包み込むと、香りを吸い込み、思い切ったように一口。ゆっくり味わいを確かめながら窓の外の風景を眺め、ふと微笑むと、残りをぐっと一気に飲み干します。ほっと吐いた息が白い蒸気になって空気に溶ける様子や、ダミエルの晴れやかな表情を見ていると、一杯のコーヒーを飲むという何気ないことにも、「生きている喜び」を見い出せるのだと分かります。コーヒーはありふれたものでも、きっとダミエルには特別に感じられたはず。純粋な彼の目線を通じて、心の持ちよう一つで日々の「素敵さ」が見つけられるのだと教えてくれる作品です。見終わったら、いつものコーヒーをもっと味わって飲んでみたくなるかも。

写真
Film information
「ベルリン・天使の詩 【デジタルニューマスター版】」
DVD発売中
  • 価格:3,800円+税
  • 発売元・販売元:(株)東北新社
    © 1987 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH and ARGOS FILMS S.A.
  • 詳細はこちらから

次の記事を読む 最新記事を読む

おたのしみコンテンツトップへ戻る