このページの先頭へ

ZOJIRUSHI

見るお茶!?カル茶〜

見るお茶!?カル茶~

きょうの映画は、ごはんと一緒に麦茶が飲みたくなる映画ル~ン♪

「普通」がしあわせ。麦茶の食卓。南極料理人

2009年/日本

物語の舞台は、標高約3800m、気温平均-54℃の南極の僻地。ペンギンやアザラシはおろか菌類も生息しない厳しい環境の中、8人の男が調査隊として赴任します。主人公の「西村さん」は、研究者ではなく料理担当。男たちの南極での過酷な生活を支えるため、毎日1人でせっせと腕を振るいます。

画像

どんなサバイバル料理が出るのかと思いきや、食卓に並ぶのはマグロの刺身定食、焼き魚定食、イクラのおにぎり…。たまには円卓の中華などちょっと変わったものもありますが、基本的にはごくありふれた家庭料理ばかりです。そして食事のシーンに置かれているのは、これまたありふれた麦茶。珍しくも何ともないのに、この映画の中ではそれらがとてもおいしそうに見えるから不思議です。「南極料理人」の登場人物たちは、それぞれに家族への想いを抱きながら、一人ひとりの事情から基地に集まって来ています。日本から遠く離れた場所で、さまざまな想いを抱えながら囲む食卓だからこそ、そこでは本当は身近にあるはずの「当たり前」の食事が輝いて見えるのかもしれません。
時にご飯を前にはしゃいだり、時にとても大切に味わって食べたりと、心から食べることを楽しんでいる隊員たち。テーブルの上に置かれているのはご家庭でもお馴染みのシンプルな麦茶ポット。ちょっと控え目にも見えますが、その自然さこそが実はこの場ではとても貴重に感じられるのです。

この映画を見終えたらきっと、おうちのご飯が待ち遠しくなるはず。もちろん麦茶を片手にご鑑賞を。

写真
Film information
「南極料理人」
DVD発売中
  • 価格:3800円+税
  • 発売元・販売元:バンダイビジュアル
  • 詳細はこちらから

前の記事を読む次の記事を読む 最新記事を読む

おたのしみコンテンツトップへ戻る