このページの先頭へ

ZOJIRUSHI

日本茶の茶器・入れ方

日本茶の茶器は、お茶の種類によってそれぞれふさわしい道具があります。
しかし、その度に茶器を揃えるのは大変。
あなたの好きなものから集めるのも楽しみのひとつに。
また、お茶の種類による基本的な入れ方をご紹介します。

日本茶の茶器

茶筒(ちゃづつ)、茶合(さごう)

茶筒(ちゃづつ)、茶合(さごう)

茶筒(ちゃづつ)、茶合(さごう)

お茶は乾燥品なので、湿気は大敵です。お茶には吸水性があるので、保存が悪いと水分の含有量が増え味が落ちます。
機密性のある茶筒で保管しましょう。茶合は茶葉の量が計れますのでいつも同じ味でたのしむために便利です。

急須(きゅうす)

急須(きゅうす)

急須(きゅうす)

どのお茶の急須でも水切れのよいものが基本です。少量でいただくなら小さな急須、たっぷりといただく番茶などには大きめの厚手の陶器が向いています。

茶碗(ちゃわん)、茶托(ちゃたく)

茶碗(ちゃわん)、茶托(ちゃたく)

茶碗(ちゃわん)、茶托(ちゃたく)

低温でいれる玉露には薄手の磁器、熱湯で入れる番茶などは厚手の陶器が向いているといえます。茶托は本来、熱に弱い卓をお茶の熱から守るために使われたといわれていますが、茶托にのせることで上品なお茶になるから不思議です。

抹茶道具

抹茶道具

抹茶道具

本来の茶道の点前には、細やかな作法、色々な道具がありますが、日常おいしくいただくには抹茶茶碗(まっちゃちゃわん)と茶筅(ちゃせん)があればはじめられます。茶杓(ちゃしゃく)は、粉である抹茶を量りやすく、いつも同じ味でたのしむために便利です。

日本茶の入れ方

煎茶の入れ方

急須と茶碗を熱湯であたためる。

急須と茶碗を熱湯であたためる。

あたためた急須のお湯をすて、計量した茶葉を入れる。(1人あたり2~3g)

あたためた急須のお湯をすて、計量した茶葉を入れる。(1人あたり2~3g)

80℃~60℃のお湯を静かに注ぎ、約1~2分間おく。

80℃~60℃のお湯を静かに注ぎ、約1~2分間おく。

茶碗のお湯をすて、急須からお茶を濃度が同じになるように注ぎ分ける。最後の一滴まで絞りきりましょう。二煎目以降は、一煎目より高目のお湯で時間は短めです。

茶碗のお湯をすて、急須からお茶を濃度が同じになるように注ぎ分ける。最後の一滴まで絞りきりましょう。二煎目以降は、一煎目より高目のお湯で時間は短めです。

玉露の入れ方

沸騰したお湯を湯冷ましに注ぐ。急須と茶碗にもお湯を注ぎ、あたためておく。

沸騰したお湯を湯冷ましに注ぐ。急須と茶碗にもお湯を注ぎ、あたためておく。

あたためた急須のお湯をすて、計量した茶葉を入れる。(1人あたり約4g)

あたためた急須のお湯をすて、計量した茶葉を入れる。(1人あたり約4g)

60℃~50℃になった湯冷ましのお湯を急須に注ぎ、約1分半~2分半ほどじっくりと蒸らす。ふたにあたたかみが伝わってきたころが目安です。

60℃~50℃になった湯冷ましのお湯を急須に注ぎ、約1分半~2分半ほどじっくりと蒸らす。ふたにあたたかみが伝わってきたころが目安です。

茶碗のお湯をすて、急須からお茶を濃度が同じになるように注ぎ分ける。最後の一滴まで絞りきりましょう。二煎目のお湯を湯冷ましに入れておく。(二煎目以降は高目のお湯)

茶碗のお湯をすて、急須からお茶を濃度が同じになるように注ぎ分ける。最後の一滴まで絞りきりましょう。二煎目のお湯を湯冷ましに入れておく。(二煎目以降は高目のお湯)

薄茶の入れ方

茶碗をお湯であたためる。あたたまったらお湯をすて、布巾で拭いておく。

茶碗をお湯であたためる。あたたまったらお湯をすて、布巾で拭いておく。

抹茶を茶杓で1杯半ほど(約2g)入れ、80℃位のお湯を静かに注ぐ。

抹茶を茶杓で1杯半ほど(約2g)入れ、80℃位のお湯を静かに注ぐ。

茶筅(ちゃせん)を前後に動かし素早く混ぜる。ダマが出来やすい場合は先にふるいをかけておく。細かい泡が全体に立ったら、「の」の字を書くように茶筅を引き上げる。

茶筅(ちゃせん)を前後に動かし素早く混ぜる。ダマが出来やすい場合は先にふるいをかけておく。細かい泡が全体に立ったら、「の」の字を書くように茶筅を引き上げる。

茶碗を左手にのせ、茶碗を左に2回まわして茶碗の正面をお客の方に向け、右手で差し出します。(※これらは日常いただく略式の入れ方です)

茶碗を左手にのせ、茶碗を左に2回まわして茶碗の正面をお客の方に向け、右手で差し出します。
(※これらは日常いただく略式の入れ方です)

Let's 日本茶TOPへ戻る