このページの先頭へ

ZOJIRUSHI

お茶の健康パワー

お茶の栄養成分

  • カテキン

    ポリフェノールの一種で抗酸化・抗菌の代名詞。お茶成分全体の1~2割を占め、湯呑み1杯に70~120mg溶け込んでいます。

  • カフェイン

    ステンレスボトル用洗浄剤「ピカボトル」を使いましょう。全国の総合スーパーなどのステンレスボトル売場で販売しています。

  • テアニン

    茶葉だけに含有されるアミノ酸の一種で、脳の神経に作用してリラックス感を得られます。

  • ビタミンC

    風邪予防や美肌に効果があり、含有量はほうれん草の約3倍。お茶のビタミンCが熱に強いのはカテキンにまもられているからです。

  • フッ素

    歯のエナメル質を強化して虫歯を予防する。同時にカテキンが虫歯菌の増殖と歯垢も防ぎます。

  • ミネラル

    野菜や果物同様、血液のアルカリ性を保ち、新陳代謝を円滑にするカルシウム・リン・マンガン・鉄分などを含んでいます。

  • サポニン

    漢方薬の朝鮮人参の主成分で、含有量は0.1%ですが、納豆が含む割合と同じです。

こんなにもたくさんの効能があるなんて知らなかった!

お茶の効果

  • 運動前のお茶で、脂肪燃焼をサポート。

    お茶に入っているカフェインには、脂肪を優先的にエネルギー源として使う効果があると言われています。そこで運動前にお茶を一杯、運動の脂肪燃焼効果を助けます。

  • 風邪の予防に。

    お茶には免疫力を高めるビタミンCや、強い殺菌力を持つカテキンが入っています。また、カテキンはインフルエンザウィルスを弱める効果もあると言われています。

  • お茶を食べて、飲んで、美肌に。

    お肌の潤いを守る、ビタミンA。お茶にはビタミンAと同じ働きをするカロテンがたっぷり。茶葉を食べたり、抹茶を飲むことで摂取することができます。

  • 食後のお茶で、ブドウ糖の吸収を抑制。

    お茶に含まれるカテキンは、ブドウ糖の吸収を抑える働きがあります。このため糖から作られる脂肪を低減させると言われており、肥満防止に注目したい飲み物です。

  • 二日酔いの予防に。

    二日酔いの原因はアセトアルデヒドという有害物質。前もってお茶を飲んでおけば、ビタミンCの分解能力とカフェインの覚醒効果が、二日酔いを防ぐと言われています。

  • お茶を飲んで、美白へ。

    シミ・そばかす・肌荒れに効果があると言われるビタミンC。含有量はほうれん草の約3倍。カテキンに守られ、熱に強く、しっかり取ることができます。

Let's 日本茶TOPへ戻る