象印100周年記念web

象印 ZOJIRUSHI

ずっと もっと 象印らしくずっと もっと 象印らしく

ペリカン
押すだけ
VE電気まほうびん
タフボーイ
弁当
マグ
電子ジャー
炊飯イメージ
極め羽釜

100年前、いまの暮らしを、誰が想像できたでしょう。100年後、いや、10年、20年後、わたしたちはどんな暮らしをしているでしょう。さまざまなものが変わりゆく世界のなかで、象印は、常に生活者の視点に立ち、安心・安全なものづくりを続けてきました。そして、その理念はこの先も変わりません。そう、つぎの100年に向けて、これからもずっと。100年前、いまの暮らしを、誰が想像できたでしょう。
100年後、いや、10年、20年後、
わたしたちはどんな暮らしをしているでしょう。
さまざまなものが変わりゆく世界のなかで、
象印は、常に生活者の視点に立ち、
安心・安全なものづくりを続けてきました。
そして、その理念はこの先も変わりません。
そう、つぎの100年に向けて、これからもずっと。

ごあいさつ

代表取締役社長 市川典男

 象印マホービン株式会社は、2018年に創業100周年を迎えました。これもひとえにお客さま、並びに関係各位のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
1本のマホービンから始まり、世界初の電子ジャーや押すだけで注げるエアーポット、健康的なライフスタイルをサポートするステンレスマグなど、様々な製品とともに創業の地・大阪より100年間歩んでまいりました。
 私たちはこれからの100年も、先人達が築いた数々の製品やサービスをご利用いただくお客様への御恩を決して忘れる事なく、これまでも、これからも、「暮らしを創る」という企業理念の下、お客様にとって満足いただける製品を提供していくことで、更なる成長を目指してまいる所存であります。