象印 ZOJIRUSHI

象印マホービンCSR情報

コンプライアンス

方針と基本的考え方

象印マホービングループは、国の内外を問わず人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに、社会的良識をもってより良い社会の創造に向けて自主的に行動するため、一人ひとりが心がけるべき規範として倫理行動規範を制定し、コンプライアンスの推進に取り組んでいます。

体制・取り組み

コンプライアンスの強化

象印マホービングループは、コンプライアンス委員会を年2回開催し、コンプライアンス活動や内部監査に関する状況報告、今後の取り組みに向けた決議を行っています。また、内部通報窓口を設置し、早期のコンプライアンス違反行為の発見・解決を図っています。さらなるコンプライアンス強化に向け、2017年7月に内部通報窓口を社外にも設置しました。

コンプライアンス意識の醸成

年2回を目安に各部門でコンプライアンスに関する研修を行っています。研修は、受講者が講師役となり、講義するという参加型で、研修を通してより主体的にコンプライアンスについて学ぶことで従業員の意識を高めています。また、意識の醸成を目的に、人事総務部がコンプライアンスに関する情報をまとめたメールを月2回程度、配信しています。

アンケート調査で浸透状況を確認

コンプライアンス意識や倫理行動規範の浸透状況を調査する「コンプライアンスアンケート」を年1回実施しています。結果は、社外取締役も出席するコンプライアンス委員会にて報告し、各部門長にも共有。コンプライアンス活動の改善に役立てています。