ZOJIRUSHI   HOME検索サイトマップお問い合わせZOJIRUSHI
商品情報 生活レシピ 企業情報 お客様サポート
HOME > 企業情報 > ニュースリリース/2002年 >『家庭用無洗米精米機』(BT-AE05型)新発売
ニュースリリース 報道関係者に向けて発表した資料
2002年 8月 22日  

『家庭用無洗米精米機』(BT-AE05型)新発売
家庭で毎日、手軽に新鮮な無洗米がつくれる
お米屋さんのような本格的な精米機

BT-AE05
 象印マホービン株式会社では、とぐ手間がいらず、環境にもやさしい無洗米を手軽につくることができ、圧力循環式によりお米屋さんのような本格的な精米ができる『家庭用無洗米精米機』(BT-AE05型)を平成14年9月21日より発売いたします。

商品名 品 番 希望小売価格 発売日 販売計画数
家庭用無洗米精米機 BT-AE05 50,000円(税別) 平成 14年 9月 21日 初年度年間 2万台

 つきたてのおいしいお米が食べられる家庭用精米機は、美食化や健康志向もあり、注目されている商品です。
 家庭用の精米機には、圧力式、回転式などの精米方式がありますが、すでに当社では、お米屋さん等の業務用で採用されている圧力式の精米機を発売しています。圧力式は米を痛めにくく、温度上昇が少ないため温度による劣化が少なく、お手入れが簡単などの特長があります。
  今回発売する新製品は、米を循環させながらやさしく少しずつ精米していく「圧力循環式」を採用。玄米同士をこすり合わせながら、ぬか層を徐々に取り除いていきます。ぬかは循環中に吸引され、ぬかと空気を遠心分離して、ぬかを集めます。

  さらに、新製品は、米をとぎ洗いせずに炊けることから、近年需要が拡大している無洗米をつくることができます。無洗米は、精米した米の肌ヌカをさらに取り除くことによりできますが、白度(精米度)センサーが感知し、精米しすぎないよう自動的に最適な無洗米をつくります。 玄米を精米して無洗米にするだけでなく、精白米からでも無洗米をつくることができます。

  栄養価が高い分づき米も、簡単にお好みの精米をすることができ、また、古くなった白米の表面層を取り除いて、鮮度を回復させる「白米フレッシュ」機能も搭載しています。



● 商品特長 ●

  1. お米屋さんのような本格精米ができる「圧力循環式」
    米を循環させながらやさしく少しずつ精米していく圧力循環式で、玄米同士をこすり合わせながら、ぬか層を徐々に取り除いていきます。
    精米方式には、圧力式、回転式などがありますが、圧力式は、米を痛めにくく、温度上昇が少ないため温度による劣化が少なく、お手入れが簡単という特長があります。
    また、白度センサーが米表面の白さをきちんと感知し、しっかり精米します。 精米した時にでる「ぬか」は循環中に吸引され、ぬかと空気を遠心分離して、ぬかを集めるサイクロン方式を採用しています。

    BT-AE
  2. 玄米からでも精白米からでも、手軽に無洗米が作れます
    玄米からでも精白米からでも、水でとぐ必要のない無洗米を家庭で手軽に作ることができます。


  3. 毎日新鮮なつきたてのお米を食べることができます
    毎日炊飯する量だけをつくので、いつも新鮮なお米が食べられます。 さらに、無洗米は水を使わずぬかを取り除くので、洗米したときに出るぬか臭さがお米に吸収されることはありません。


  4. 3分づき〜白米まで、お好みの分づき米が楽しめる精米調節機能
    精米度が調節できるので、胚芽に含まれる栄養分を失うことなく、栄養価の高いご飯を楽しむことができます。


  5. 古くなった精白米をリフレッシュする「白米フレッシュ」コース
    玄米は精白された瞬間から酸化が始まり、風味を逃してしまいます。お米の表面を軽く削ることにより、脂肪酸を落として鮮度を蘇らせます。


  6. 台所のすき間に置くことのできる縦型スリムフォルム

  7. お手入れ時、前面(点検)パネルをはずすとストップする安全機構

  8. 「米受け容器」「ぬか受け容器」つき

● 商品仕様 ●

商品名 家庭用無洗米精米機
品 番 BT-AE05
希望小売価格 50,000円
ホッパー容量(白米) 1.2L(約 2〜5合)
消費電力(50Hz/60Hz) 290W
電源コード 1.5m
精米時間 玄米 5合→白米 約 6分
玄米 5合→無洗米 約 8分
外 形 寸 法
(幅×奥行き×高さ)
14.5×40.5×38cm
本 体 重 量 約 10.5kg
付 属 品 ブラシ
色   柄 クールグレー(-HL)

※このニュースリリースの情報は、記者発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で最新の情報とは異なっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

■ お客様からのお問い合わせ先 ■

お客様ご相談センター ナビダイヤル 0570-011874
(市内通話料金でご利用いただけます)
■ 報道関係者様からのお問い合わせ先 ■

象印マホービン株式会社 広報グループ (担当 : 西野 ・ 山下)
〒 530-8511 大阪市北区天満 1 丁目 20 番 5 号
TEL 06-6356-2329
2002年ニュースリリース一覧に戻る


Copyright® ZOJIRUSHI CORPORATION All rights reserved. 個人情報についてサイトのご利用にあたって