ニュースリリース / 報道関係者に向けて発表した資料

2012年7月18日 

ポーチを広げると“ランチョンマット”に変身!
バッグのすき間に入れやすい“タテ型スリムタイプ”の
保温弁当箱『お・べ・ん・と』 SZ-JA02型
男性向け(ブラック)、女性向け(ピンク)の2柄
新発売

保温弁当箱『お・べ・ん・と』(SZ-JA02型)ピンク柄
保温弁当箱SZ-JA02(ピンク柄)
※画像はイメージです

【商品概要】
 象印マホービン株式会社では、付属のポーチを広げると“ランチョンマット”になる、保温弁当箱『お・べ・ん・と』SZ-JA02型を、平成24年8月21日より発売いたします。同SZ-JA型は、バッグのすき間に入れやすい“タテ型スリムタイプ”で、主に健康を気遣う30代以上の男性ビジネスマン向けにブラック、20〜30代OL向けにピンクの2柄で展開いたします。

商品名 品番 容量 希望小売価格(税込) 発売予定日
保温弁当箱『お・べ・ん・と』 SZ-JA02 ごはん容器 0.24L
(ごはん茶碗約1.2杯分)
6,300円 平成24年
8月21日
おかず容器 0.19L×2個

【商品特長】
< 今回新しくなったポイント >
デスクランチ派に嬉しい機能性!ポーチがランチョンマットに変身

ポーチを広げると、ごはん・おかず容器から、マイボトルまで置けるランチョンマットに変身。「内面はっ水加工」なので、うっかり汁をこぼしても、汚れがつきにくく、サッと拭くだけでお手入れが簡単です。

保温弁当箱『お・べ・ん・と』(SZ-JA02型)ポーチを広げた様子 ※ステンレスボトルは別売りです。

保温弁当箱『お・べ・ん・と』(SZ-JA02型)   バッグのすき間に入れやすい!「タテ型スリムタイプ」

ごはん・おかず容器をタテに積んでポーチに収納するタテ型スリムの保温弁当箱。ノート、財布、化粧ポーチなど、中に入れるものが多いバッグのすき間にスッと入れることができます。


< 従来からの商品特長 >
ランチタイムまでごはんをあったかキープする「まほうびん保温ケース」

ごはん容器の保温ケースはまほうびん構造なので、ランチタイムまでごはんをあったかキープできます。

Ag抗菌※1加工容器(ごはん容器・ごはん容器ふた・おかず容器)

抗菌効果の高い銀(Ag)イオンを配合し、菌の発生を抑制
※1 試験機関:(社)京都微生物研究所、試験方法:JIS Z 2801に基づく
抗菌の方法:Ag+、抗菌の対象場所:ごはん容器・ごはん容器ふた・おかず容器
試験結果:99.9%の抗菌効果(試験番号:0803-8109)

汁もれしにくく、つめやすい「おかず容器」

おかず容器は密閉性が高い構造なので、汁もれを防ぎます。また、ゆったりサイズ(約0.19L×2個)なので、野菜も余裕をもって入れられます。

電子レンジ対応※2の「ごはん容器」「おかず容器」
※2 ごはん容器、おかず容器のふたを必ず外して使用して下さい。
お手入れが簡単な「保温ケース丸洗い※3OK」
※3 水中に放置しないでください。
「はし」&「はし箱」つき

「はし」は「はし箱」に入れてポーチに収納可能です。



【商品仕様】
商品名 保温弁当箱『お・べ・ん・と』
品番 SZ-JA02
希望小売価格(税込) 6,300円
容量 ごはん容器 約0.24L
おかず容器 約0.19L×2個
保温米飯量※4 約0.09L(約0.5合)
保温効力※5(6時間) ポーチなし:49℃以上
ポーチに入れた場合:53℃以上
本体寸法 幅×奥行×高さ(約cm) 本体のみ:10.5×9×20.5
ポーチ含む:14×9.5×30.5
本体質量(約kg) 本体のみ:0.37
ポーチ含む:0.44
色柄 ブラック(-BA)
ピンク(-PA)
※4 保温米飯量とは、炊く前のお米の量の目安です。
※5 保温効力とは、室温20℃±2℃において内びんに熱湯を飯器ふた下端まで満たし、縦置きにした状態で湯温が95℃±1℃の時から6時間放置した場合におけるその湯の温度。
【商品写真】

保温弁当箱『お・べ・ん・と』SZ-JA02型(ブラック/ピンク)
保温弁当箱『お・べ・ん・と』SZ-JA02型(ブラック/ピンク) ※画像はイメージです

※このニュースリリースの情報は、記者発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で最新の情報とは異なっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

■ お客様からのお問い合わせ先 ■

お客様ご相談センター ナビダイヤル 0570-011874
(市内通話料金でご利用いただけます)
■ 報道関係者様からのお問い合わせ先 ■

象印マホービン株式会社 広報グループ(担当 : 市川・山下)
〒 530-8511 大阪市北区天満 1 丁目 20 番 5 号
http://www.zojirushi.co.jp
TEL 06-6356-2329
2012年ニュースリリース一覧に戻る