ニュースリリース / 報道関係者に向けて発表した資料

2014年6月12日

南部鉄器 極め羽釜”が、さらに進化

内釜底面の凹凸加工により炊飯中の炊きムラを改善、おいしさもアップ

圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』(NP-WT10型)
“南部鉄器 極め羽釜” 新発売


圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WT10型“南部鉄器 極め羽釜”

圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WT10型“南部鉄器 極め羽釜”(右は内釜)

象印マホービン株式会社では、羽釜形状の内釜に伝統工芸品の南部鉄器を採用した炊飯ジャーNP-WS10型に新機能を追加した、圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WT10型“南部鉄器 極め羽釜”を平成26年7月21日より発売します。同NP-WT10型では、内釜の底にアルミ溶射をすることで激しい熱対流を起こし、炊飯中の炊きムラを改善させています。また、従来は釜の内側のみに施していた、ごはんの甘み成分(還元糖)をアップさせるプラチナコーティングを、内ぶたにも新たに採用しています。

また、“南部鉄器 極め羽釜”と同じ内釜形状である“極め羽釜”NP-WA10型にも同様の新機能を追加し、圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WB10型“極め羽釜”として平成26年7月21日より同時発売します。

商品名 品番(容量) 希望小売価格(税別) 発売予定日
圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』
“南部鉄器 極め羽釜”
NP-WT10 140,000円 平成26年7月21日
圧力IH炊飯ジャー 『極め炊き』
“極め羽釜”
NP-WB10 120,000円 平成26年7月21日

炊飯容量は2機種共に5.5合(0.09〜1.0L)

【商品概要】

平成25年の炊飯ジャーの業界全体の出荷数は、約576万台と平成24年(約590万台)に比べ減少しましたが、平成26年は微増の580万台を見込んでおり、そのうち、IHタイプは416万台、構成比は72%と予測しています。(日本電機工業会出荷統計より当社推計)

当社では、平成22年に、“羽釜形状”の内釜を採用した高級機種、圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-SA10型(極め羽釜)を発売。翌平成23年には、羽釜の形状はそのままに、内釜の素材に岩手の伝統工芸品である「南部鉄器」を採用した同NP-SS10型(南部鉄器 極め羽釜)を発売しました。「鉄」はIHとの相性がよく、他の素材に比べて発熱効率や蓄熱性が高い特徴があります。そのため、熱をしっかりと釜内に溜めこみ、釜の羽下から一気に集中加熱できるので、昔のかまど・羽釜のように激しい熱対流を起こし、お米の芯からふっくらとした、理想的な食感を生み出します。炊飯ジャーの内釜の素材に鋳込んだ「鉄」を採用しているのは当社だけです※1

※1 平成26年6月報道時点

当社最高機種の“南部鉄器”タイプは、平成24年に同NP-ST型、平成25年には同NP-WS型と、毎年、モデルチェンジを実施。昔ながらの「かまど」、「羽釜」で炊いたごはんを再現したおいしさが大変好評を得ています。また、平成25年には、「南部鉄器 極め羽釜」の協力工場である、水沢鋳工所(岩手県)が「第五回 ものづくり日本大賞」の経済産業省特別賞を受賞、伝統文化と最新技術を融合させた点で、高く評価されています。

今回発売する圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WT10型“南部鉄器 極め羽釜”は、内釜の底にアルミ溶射をすることで細かい泡を発生させることによって激しい熱対流を起こし、炊飯中の温度ムラを改善しています。従来は内釜だけに施していた、ごはんの甘み成分(還元糖)を高めるプラチナコーティングを内ぶたにも採用し、昨年発売モデルより還元糖が全体として5%アップしました。同時発売予定のNP-WB10型“極め羽釜”にも、同様の効果が発揮される釜底に「微細な凹凸をつけるブラスト加工」と「プラチナコート内ぶた」を採用しています。

当社では、炊飯ジャーメーカーとして、「おいしいごはん」をお客様に食べていただくため、炊飯や炊飯に関する分野で様々な取り組みを行っています。お米の収穫から炊飯に至るまでの総合的な製品提供を目指し、昨年より玄米保冷庫事業を開始。炊飯に最適な水をつくる「炊飯浄水ポット」など、炊飯まわりの商品も手がけています。また、おいしいごはんの炊き方の啓発活動などを通して、ごはん好きの輪を広げる活動「ライスマイルプロジェクト」も行っています。

圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WB10型 “極め羽釜”

圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WB10型 “極め羽釜”
左より、色柄プライムホワイト(-WZ、)、内釜、プライムブラウン(-TZ)

【今回新しくなったポイント】(NP-WT、NP-WB共通)

  1. “南部鉄器 極め羽釜”(NP-WT型)、“極め羽釜”(NP-WB型)が進化!
    内釜の底加工を施すことにより激しい熱対流が起こり、炊飯中の温度ムラを改善しておいしさアップ 

    “南部鉄器 極め羽釜”(NP-WT型)、“極め羽釜”(NP-WB)が進化!
  2. 「プラチナコート内ぶた」により、ごはんの甘み成分(還元糖)がさらにアップ
    「プラチナ内ぶた」により、ごはんの甘み成分(還元糖)がさらにアップ 従来からの内釜の内側の「うまみプラスプラチナコート」に加え、内ぶたにもプラチナをコーティング。プラチナ(白金)ナノ粒子と遠赤外線効果でごはんの甘み成分(還元糖)が、極め羽釜でない従来機との比較で、65%アップ※2しています。

    ※2 NP-LT型(平成21年発売)との比較

  3. 玄米をさらにおいしくする「熟成炊き(玄米)」メニューを追加
  4. 選べる保温選択に「高め保温」を追加

【従来からの商品特長】

○ 大火力を生み出す 特別仕様 “南部鉄器 極め羽釜”(NP-WT のみ)
蓄熱性の高い鉄の特長を備えた「南部鉄器」の内釜が、羽釜炊きの高火力をしっかり釜内に溜め込み、釜の羽下から一気に集中加熱。釜の側面からの強火も加わり、昔のかまどのように激しく熱対流を起こします。さらに鉄とIHは相性がよく、炊飯で最も火力が必要な“中パッパ”の沸とう時に、大火力で素早く熱を伝えて理想的な食感を生み出します。
【南部鉄器とは】
…岩手県の水沢(奥州市)、盛岡で生産された鉄製品(鉄を素材にした鋳物)で、趣き深い重厚な品質から多くの人に親しまれ、1975年には日本の「伝統的工芸品」第一号のひとつとして登録されています。「南部鉄器」の名称は、岩手県南部鉄器協同組合連合会に加盟している企業が製造した鉄製品しか呼ぶことができません。今回の内釜“南部鉄器 極め羽釜”は、岩手県奥州市水沢区の協力工場に生産委託しています。
○ 香り高いおこげが炊ける「かまど極め」 メニュー(NP-WT のみ)

大火力を生み出す南部鉄器の特長をいかし、炊き上げ時も高温を維持する昔ながらの炊き方を再現。かまどで炊いたように釜の底はパリッと、中はふっくらと香る、絶品のおこげごはんを炊き上げます。

○  おこげを楽しむ「湯の子メニュー」(NP-WT のみ)

昔のかまどでは、釜底に焦げついたおこげをおかゆにし「湯の子」として食べていました。“南部鉄器 極め羽釜”ではかまど極めメニューで炊いたおこげを内釜に残し、水を入れて湯の子メニューで炊くと、昔ながらのおこげのおかゆが再現できます。塩やだし汁を少し加えると、一段とおいしく召し上がれます。

<以下 NP-WT、NP-WB共通>

  • かまどの炊き方を再現した“羽釜形状”の内釜
  • 側面から大火力で包み込む「かまどヒーター」
  • 水を変えて、ごはんの甘み成分(還元糖)を引き出す「プラチナナノ粒子」
  • 好みの食感に炊き上げる「7通りの炊き分け圧力」
  • 前回食べたごはんの感想を回答するだけで、好みの味に進化する「わが家炊き」メニュー
  • 甘み成分(溶出還元糖)約2.3倍※3を引き出す「熟成炊き(白米・玄米)」メニュー
    熟成炊き(玄米)メニューは、GABA(ギャバ=ガンマ・アミノ酪酸)も約1.4倍※4になります。 

    ※3 白米ふつう炊飯時0.084mg/gと熟成炊き(白米)メニュー炊飯時0.194mg/g、 玄米炊飯時0.015mg/gと熟成炊き(玄米)メニュー炊飯時0.035mg/gの比較。室温23℃で測定。当社測定値。

    ※4 玄米炊飯時5mg/100gと熟成炊き(玄米)メニュー炊飯時7.1mg/100gの比較。室温23℃で測定。当社測定値。

  • 約15分※5で炊き上げる「白米特急」メニュー 

    ※5 1合で炊いた場合

  • おいしさを一年中コントロール「人工知能AI炊飯」
  • 蒸気を約80%抑える「蒸気セーブ」※6メニュー

    ※6 白米ふつう選択時57.5gと蒸気セーブ選択時9.7gの比較。室温23℃で測定。当社測定値。

  • 消費電力を抑える「エコ炊飯」メニュー(工場出荷時には「エコ炊飯」メニューを初期設定にしています)
  • 40時間おいしく保温できる「極め保温」、あたたかいごはんが食べられる「高め保温」、「保温なし」選択
  • 内釜3年保証(取扱説明書の記載事項にそぐわない場合は対象外)
  • 文字が見やすい「大型バックライト液晶」
  • 0.5カップ刻みの見やすい「水位目盛」
  • おいしく炊くためのDVDつき

【商品仕様】

商品名 圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』
南部鉄器 極め羽釜
圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』
極め羽釜
品 番 NP‐WT10 NP‐WB10
希望小売価格(税別) 140,000円 120,000円
炊飯容量(白米) 0.09〜1.0L
炊飯時消費電力 1360W
外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm)  29.5×36.5×24.0
質 量(約kg) 8.5kg 8.0kg
電源コード 1.0m
色 柄 プライムブラック(-BZ) プライムホワイト(-WZ)
プライムブラウン(-TZ)

■ お客様からのお問い合わせ先 ■

お客様ご相談センター
0570-011874(ナビダイヤル)
象印マホービン ホームページ http://www.zojirushi.co.jp

■ 本リリースに関するお問い合わせ先 ■

象印マホービン株式会社 広報部 安藤・美馬本(みまもと)
TEL 06-6356-2329
2014年ニュースリリース一覧に戻る