象印 ZOJIRUSHI象印100周年記念サイト

象印マホービン採用情報

象印マホービン採用情報

マイナビ2020

ーあなたの職種・仕事内容を教えてください。

象印のホームページの商品情報に関係するコンテンツの制作・管理を担当しています。主に商品ラインアップや機能紹介ページのレイアウトとデザインを考えています。消費者の方々に象印の商品を知ってもらう入口として、分かりやすさを第一にしています。また、回転調理(ミキサージューサーや精米機など)の販促戦略や企画の立案も担当、自社・他社商品共に知識を深め、制作会社とやり取りしながら販促物を作りあげていきます。

これまでのキャリア

2010年4月大阪支店 近畿エリアの総合量販店を中心に担当

2012年4月大阪支店 近畿エリアの電気量販店、カメラルートを中心に担当

2014年2月商品戦略グループ POSデータや業界出荷数のデータ作成担当 iPad担当

2014年11月販売促進グループ ホームページ作成担当 版権ブランド商品販促担当 回転調理販促担当 POSデータや業界出荷数のデータ作成担当 iPad担当

ー現在の仕事のやりがいは?

象印の商品には、使っていただく方の生活に根ざした使いやすさへの配慮や「あってよかった!」と思ってもらえるような機能への工夫がたくさん詰まっているので、そんな象印のこだわりを自作の制作物を介して多くの方に伝えられることにやりがいを感じます。特にウェブは、文字だけではなく映像や動きを使って「見せ方」を多様に工夫できるので、自分の思うように商品を演出できるのは非常に楽しいです。

ー現在の現在の仕事のやりがいは?は?

ー仕事をしてつらいと感じるときは?

伝えたいことが思い通りにまとまらないときです。メーカーとして、つい熱が入って知らせたい部分が多すぎたり説明しすぎてしまうと、一般消費者の方々にはかえって分かりにくくなったり誤解を招いてしまうことにもなりかねず、かといって、情報の正確さや分かりやすさを優先すると表現が制限されてしまうのです。

ー象印マホービンの入社理由・志望動機

モノづくりに興味があったのでメーカーを志望しました。その中でも、生活必需品というより、人の心を豊かにしたり楽しませたりするものに興味があったので、「食」にこだわりを持って取り組む象印に決めました。

 

ー象印マホービンへの入社理由・志望動機

ー入社前と入社後のギャップはありますか?

象印というより「営業」という部署に対して、バリバリ体育会系のイメージを持っていましたが、理論派だったり柔らかな物腰だったり様々な営業スタイルの方がおられて、大変多くのことを勉強させていただきました。

ーあなたの学生時代について

大学では文学部の国際プログラムという学科で、主に英文学について学びました。日本語独特の言い回しが英語に翻訳されると海外の価値観ベースになるので表現が様々に工夫され、伝えることの面白みを再発見しました。

ー休日の過ごし方を教えてください

奈良や京都に出かけて、お寺やカフェ巡りをすることが好きです。関西はパンやスイーツなど美味しいものがいっぱいあるので、九州出身の私には新鮮です(もちろん九州にも素敵な食べ物はたくさんありますが!)。

ー休日の過ごし方を教えてくださいを教えてください

一日のスケジュール

07:20 起床。
08:10 家を出る。
08:40 会社に到着:メールチェック、制作物の進行状況確認。
10:00 グループミーティング。会議内容などを報告。
10:30 制作物のアイデア検討、チェックバック。
12:00 お昼休みは会社近くの喫茶店などでランチ。
13:00 電気量販店などで店頭状況をリサーチ。
15:00 ウェブや販促物の制作会社と打ち合わせ。双方の思いを伝え、アイデアを出し合う大切な時間。
議論が白熱して気がつけば数時間経っていた、なんてことも。
16:00 ホームページの内容確認や修正など。
18:00 退社。
00:30 就寝。

※内容、役職等はインタビュー当時のものです。