象印 ZOJIRUSHI

Loading

この国が生んだ「特別仕様の羽釜です」 『南部鉄器 極め羽釜』。特別仕様 NP-WT10 象印史上最高峰のおいしさを求めて

この国のものづくりが生んだ、特別な羽釜。特別仕様「南部鉄器 極め羽釜」

17世紀中ごろが起源とされ、今なお愛される南部鉄器。かまどの炎を受け止め、昔ながらの炊き方を支えていた羽釜。この国が誇る、二つの伝統文化が融合し、『南部鉄器 極め羽釜』は生まれました。何百年と受け継がれてきた職人の技術が、炊飯ジャーで初※1の純粋な鉄素材の内釜に仕上げています。鉄の羽釜で炊くおいしさが、時代を超えて、食卓に帰ってきます。

※1 H23年 10月22日時点 家庭用炊飯ジャーとして

職人の技

鋳込み
一つひとつの釜に対して砂型(砂の鋳型)を作り、 溶解鉄を流しこみます。

型開け
鉄が冷めて固まったら、砂型を割り、中から釜の原型を取り出します。砂を払い、釜の形に整えます。

切削
一品ずつ丹精込めて釜の内面、外面を切削加工します。

焼鈍
炉の中に入れ、800℃の高温で鉄以外の不純物を取り除きます。その後、表面加工を重ね、南部鉄器の極め羽釜が完成します。

大火力

内釜の底にアルミ溶射を施しました。釜底の内側を加工することで、激しい熱対流が起こり、炊きムラが一段と抑えられます。鉄はIH加熱と相性がよく、釜内へ熱を伝えるのに優れた素材です。その蓄熱性の高い「南部鉄器」は、羽釜炊きの強火をしっかり釜内に溜めこみ、釜の羽下から一気に集中加熱ができます(当社調べ)。昔のかまどと同様に、大火力で激しく熱対流を起こします。

IH加熱と相性のいい南部鉄器※2

※2 NP−WT(南部鉄器)の発熱効率82.7%、従来品平成21年型NP−LT(ステンレス素材)の発熱効率78.7%。(電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定)

かまど極めメニュー

香り豊かなおこげを炊く「かまど極めメニュー」

湯の子メニュー

おこげを一段と楽しむ「湯の子メニュー」おこげを内釜に残し、水を入れて炊くと、伝統的な「湯の子」が楽しめます。

ページトップへ

PICK UP コンテンツ

  • ごはんで笑顔を、もっと、もっと。ライスマイルプロジェクト
  • 開発秘話
  • 象印のある暮らし
  • CMギャラリー
  • 象印でショッピング 象印の製品・部品などをお買い求めいただけます。
  • 象印のおすすめレシピ
  • どこでもカフェ
  • 熱中応援団
  • 四万十川をあなたのふるさとに