象印 ZOJIRUSHI

おいしさの理由は、
かまどの炎のゆらぎにあった。

かまどの炎が激しく燃えている。
大火力の炎がゆれながら釜底に当たり、
部分的な集中加熱を繰り返す。
釜の中に温度差が生まれ、激しく複雑な対流が起こる。
お米は勢いよく舞い上がり、
一粒一粒までふっくら炊き上げていた。

圧力:重い木ぶたが圧力をかけていた。/釜:ゆらぐ炎の大火力を、釜で受け止めていた。/炎:燃えさかる薪火の炎が、ゆれながら釜底に当たっていた。
  • 炎のゆらぎ 〜かまどの仕組み〜

  • 5.5合炊き/1升炊き NW-KB10・18
  • 4合炊き NW-ES07

カテゴリ別一覧