知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

いい味、旅気分
愛媛県は、四国の北西に位置し、北側には瀬戸内海に面した平野が広がり、南側には西日本で最も高い石鎚山(いしづちさん)がそびえています。瀬戸内海・宇和海には200余りの島々があり、海・山両方の美しい自然に恵まれています。
気候はおだやかで、おいしくて豊富な品種がそろう日本一の柑橘王国であるとともに、全国5番目の長さを誇る海岸線をもち、アコヤ真珠やマダイの養殖が盛んで、日本有数の生産量を誇っています。
また、国宝・重要文化財が数多く収蔵されている大山祇(おおやまづみ)神社や日本最古の温泉といわれる道後温泉、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている内子町・西予市をはじめとする南予の古い町並みなど、多くの歴史と伝統ある文化が伝えられています。
西条まつり
いい味:ひゅうが飯
ひゅうが飯

ひゅうが飯は、愛媛県南予(なんよ)地区の沿岸部各地の郷土料理で、今日では南予や松山市内の郷土料理店などでも食べることができます。
元々は宇和海の日振島に伝わっていた料理で、新鮮な魚(アジなど)をおろし、タレに漬け込み、タレごとそのまま熱いご飯にかけて食べます。
「日振(ひぶり)」がなまって「ひゅうが」と呼ぶようになったと言われていますが、日向(宮崎県)から伝わったという説もあります。 また、鯛を使ったものは「鯛めし」と呼ばれ、全国でもこの地域にしかない独特な食べ方です。

ひゅうが飯:材料 2人分
アジ(刺身用)
※または鯛の刺身など
1尾分
※鯛の場合は適量
1個
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
 
ご飯 2杯分
わけぎ 適宜
みょうが 適宜
夏みかんの皮 適宜
魚は5mmくらいの小口切りに魚は調味料に漬けておくわけぎは小口切りに

アジ(または鯛)は5mmくらいの小口切りにし、しょうゆ、みりんを合わせ漬けておきます。
わけぎは小口切りにしておきます。

みょうが、夏みかんの皮はみじん切りに卵を割りほぐしておきます。

みょうが、夏みかんの皮はみじん切りにしておきます。
卵を割りほぐしておきます。

ご飯の上に調味料に漬けた魚をのせますわけぎとみょうが、夏みかんの皮のみじん切りをのせますほぐした卵をかけて出来上がり

丼にご飯を盛り、調味料に漬けた魚をのせます。
その上にわけぎとみょうが、夏みかんの皮のみじん切りをのせ、ほぐした卵をかけて仕上げます。

ご当地では:
卵をしょうゆやみりんと一緒に混ぜて魚を漬け込み、これをそのままご飯にかける方法もあります。

旅気分:愛媛県
愛媛県 愛媛県は、大きく3つの地区から成り立っており、別子銅山跡の産業遺産群や全国で唯一徒歩や自転車で渡れる海の道「瀬戸内しまなみ海道」のある東予地区、日本最古の温泉といわれる道後温泉や松山城を有し、坂の上の雲に代表される明治の物語のある中予地区、江戸から続く歴史の面影と素朴で温かな人情を残し、山・河・海の豊かな自然をに囲まれた南予地区と、全く異なる景色と文化を楽しむことができます。
マイントピア別子
マイントピア別子(東平ゾーン)マイントピア別子は、日本三大銅山のひとつとして283年という長きにわたり掘り続けられ、世界一の産銅量を誇った大銅山である別子銅山の産業遺産を楽しみながら学ぶことのできる施設で、「端出場(はでば)ゾーン」と「東平(とうなる)ゾーン」の2つのゾーンから成り立っています。
特に山中にひろがる巨大なレンガ造りの産業遺産群を有する東平(とうなる)ゾーンは、近年「東洋のマチュピチュ」と呼ばれ、観光客に人気のスポットになっています。
道後温泉
道後温泉一羽の傷ついた白鷺が岩間から噴出する温泉を発見したという伝説を持つ道後温泉は、約3,000年の歴史を誇る日本最古の名湯で、明治27年(1894)に建築された三層楼の本館は、全国で唯一国の重要文化財にも指定されている公衆浴場です。
この道後温泉周辺には、子規記念博物館や道後公園(湯築城跡)などの見所があり、入浴前後のそぞろ歩きが楽しめるほか、12箇所の足湯が設けられ、気軽に温泉を楽しんでいただけるようにもなっています。
また、夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場したほか、スペシャルドラマ「坂の上の雲」ではロケ地にもなっています。
松山城
松山城松山市中心部の勝山山頂にそびえ立つ松山城は、正岡子規によって「松山や 秋より高き 天守閣」と詠まれるなど、松山市のシンボルとして市民に親しまれています。
松山城の天守は、日本三大連立式天守のひとつであり、全国に12城しかない江戸時代以前に建造された天守のひとつでもあります。3重3層の天守の最上階からは松山市内はもちろんのこと、遠く瀬戸内海まで360度見渡すことができます。 また、松山城には21棟の建造物が国の重要文化財の指定を受けており、日本で最後の完全な城郭建築(桃山文化様式)として、層塔型天守の完成した構造形式を示していると言われています。
臥龍山荘(がりゅうさんそう)
臥龍山荘(がりゅうさんそう)肱川(ひじかわ)の景勝地、臥龍淵(がりゅうのふち)に立つ山荘で、大洲市内でも見所のひとつです。3,000坪の敷地内に、明治時代、貿易商河内寅次郎氏が構想10年、施工4年の歳月をかけて建てた数寄屋造(すきやづくり)の名建築です。自然の借景を生かし、しっとりと佇んでいます。肱川(ひじかわ)、冨士山(とみすやま)を借景にした庭園に立つ母屋の臥龍院(がりゅういん)、茶室の知止庵(ちしあん)、不老庵(ふろうあん)の3棟が心和ませてくれます。1985年に愛媛県指定文化財に登録されました。
参考リンク:
愛媛県:http://www.pref.ehime.jp/
愛媛県観光HP「いよ観ネット」:http://www.pref.ehime.jp/izanai/kankou.html

いい味、旅気分では皆様のご意見をお待ちいたしております。 ご意見募集フォーム