炊く前に精米した銀つやごはん/トップへ戻る
おいしいごはん/menu

おいしいごはんの炊き方

ごはんに合うおかず

お米つぶ辞典

ワールドゴハンガイド
日本/ドリア
インド/ビリヤニ
イタリア/リゾット
ベトナム/バインセオ
アメリカ/ジャンバラヤ
スペイン/パエリア
大韓民国/石焼きビビンバ
イラン/チェロウ
ペルー/アロス・コン・ポーヨ
ウズベキスタン/プロフ
トルコ/ドルマ
インドネシア/ナシゴレン

その他の国の米料理

「米ぬか」使用方法

ワールド“ゴハン”ガイド
インドネシア
インドネシアは日本の南西に位置し、国土は日本の約5倍を持ち、1万3,000以上の島々が赤道の両側にわたって連なっている緑豊かな国です。
日本と同じように白米が主食で、生産量は世界第3位。米作りは熱帯湿潤気候のため、年に2回も取れる二期作。地域によっては違うようですが、山肌を削って階段状に作られた「棚田」が有名です。
棚田
作業は昔ながらで田植えから刈り取りまで手作業で行われます。また、害虫や雑草除去のため鴨を田に放し飼いをしています。 鴨の放し飼い
インドネシアのご飯は日本のような粘りはなく、パサパサした炊き上がりです。今は炊飯器が使われだしていますが、田舎の方では今でも一度茹でたお米をさらに蒸す手法が取られています。

食べ方は、お皿にご飯を盛り、まわりに色々なおかずを盛りつけ、混ぜ合わせながら食べる「ナシチャンプル」(チャンプルは混ぜるの意)や、鳥などのスープを白いご飯にかけてお茶漬けのように食べる「ナシソト」(ソトはスープの意)が家庭などで毎食食べられています。

日本でもおなじみのフライドチキンのお店がインドネシアにもあります。日本と違い、チキンとご飯のセットメニューが、ビジネスマンのランチや家庭のご馳走になっているとか。ご飯がとても好きな人たちなんですね。
ナシクニン また、お祝い事の時などは、ターメリックで黄色く色付け、陳皮やレモングラスなどで香り付けした「ナシクニン」が、尖った山のように円すい形状に盛りつけられ、招待された方々に振る舞われます。
日本の赤飯のようなものですね。
ナシゴレン
ナシゴレンは、インドネシアで日常的に家庭で、また屋台で食べられているインドネシア風焼き飯(炒めご飯)です。
「ナシ」はご飯、「ゴレン」は炒める(揚げる)という意味です。
よく目玉焼きが上にのっていたり、「サテ」と呼ばれる焼鳥や「クルプック ウダン」と呼ばれるえびせんべいなどが盛りつけられていたりします。
ナシゴレンの味の決め手は、「サンバル」と呼ばれる、にんにくや赤唐辛子などを材料とした辛い香辛料と、甘いインドネシアのお醤油「ケチャップマニス」。家庭やお店では、自家製の「サンバル」で独自の味を出しているそうです。
ナシゴレンの主な材料は、ご飯、牛肉や鳥肉、エビ、卵、タマネギ、にんにく、サラダ油、塩、コショウなど。日本でも、市販のサンバルやケチャップマニスは輸入食料品店などで売られています。
ご家庭で作る場合は、日本の大豆醤油やチリソースを代用してもおいしいですよ。
また、市販で「ナシゴレンの素」も売られていて便利です。
コツとしては冷ましたご飯を先にほぐしてから、その他の食材とともに炒めること。
サンバルやチリソースは最初からたくさん入れないで、ナシゴレンができ上がってから添えて調節しましょう。
茶摘み インドネシア共和国 Republic of Indonesia
首都:ジャカルタ
面積:約192万km2
人口:約2億2,997万人
言語:インドネシア語
米の生産量:世界第3位
< 2008年 現在 >
資料提供:
インドネシア共和国総領事館  http://www.kjriosaka.com/index_files/slide0001.htm
大阪本町/ダイニングバーCita Cita  http://www.shigotosoken.com/citacita/
page top