象印 ZOJIRUSHI象印100周年記念サイト

zoujirushi

そばに、いる、ぞう。目印は、象印。新しいマイボトルそばに、いる、ぞう。目印は、象印。新しいマイボトル

CM動画

撮影レポート

森の中にあるカフェの軒先をお借りしての撮影。夜になるのを待ち、あたりが静まり返ってから、いよいよ撮影のはじまりです。 

思わず体をさすってしまうほど肌寒い空気でしたが、撮影がはじまると、マイボトルで温まる木村さんの素敵な表情に思わずほっこり。

撮影は深夜にまで及びましたが、木村さんもスタッフも笑顔のたえない、CMと同じ温かな雰囲気の撮影現場となりました。

夜の森はとてもおごそかで、なんだか不思議な力に満ちているような気がします。そんな場所での撮影でした。マイボトルに入った温かいお茶に元気をもらいながら楽しく演じることができました。寒い日だけど手元にマイボトルがある。そんなささやかだけどたしかな幸せが、CMでも表現できていたらと思います。

  • 金野 恵利香

    監督金野 恵利香KONNO ERIKA

    1989 年青森県八戸市生まれ。
    東京藝術大学美術学部先端芸術表現学科卒業。
    2013年ティー・ワイ・オー入社。

    AWARDS
    ADFEST2018 FILM CRAFT部門 silver、ADFEST2016 FabulousFour 最優秀賞、D&AD YellowPencil、ACC Bronzeなど

  • タカヒロコ

    イラストレータータカヒロコTAKAHIROKO

    福島県出身 東京都在住。
    セツ・モードセミナー卒。

    雑誌・雑貨・アパレルブランドとのコラボレーション等、線画を中心に活動。
    生き物が好き。文鳥とインコと暮らしています。

  • 福島 節

    音楽プロデューサー:
    作曲家
    福島 節FUKUSHIMA SETSU

    2004 年より音楽制作会社にてプロデュース活動を開始。
    2014 年に独立し「Ongakushitsu Inc.」を設立。

    プロデュースだけでなく、作曲、歌唱、演奏まで担当することも多い。

木村文乃のそばに、いる、マイボトル

木村文乃のそばに、いる、マイボトル

マイボトル。気づけばすでに6本目。いや6代目?
撮影現場や旅先によく持っていきます。
お気に入りのお茶は「薬膳ほうじ茶」。好きなお茶の香りがするだけで、心がホッとほぐれていく。そんな気がします。あと茶葉と同じぐらいこだわるのが温度。マイボトルは好きな飲み頃をきちんとキープしてくれる。
だから忙しい時間の合間でも、マイボトルを開けるたびに、ほっと一息。なんだか緊張もほぐしてくれたりして、ふだんの自分らしさを取り戻してくれる。それだけに忘れた日は結構本気で困ります。これからもマイボトルを持って、しっかり元気をもらいたいと思います。

あなたのそばにも、マイボトル

※色柄・サイズは商品詳細ページをご確認ください