象印 ZOJIRUSHI

会社概要

あゆみ

卓上用まほうびん「ハイポットZ型」新発売
1963年(昭和38年)

ハイポットZ型

「ハイポットZ型」

昭和38年2月、“傾けるだけでお湯の注げる”卓上用まほうびん「ハイポットZ型」が新発売された。従来はコルク栓が主流で、中栓や蓋を外して注いでいたが、「ハイポットZ型」はオールプラスチック栓で、傾けるだけでお湯を注ぐことができる自動開閉蓋(オートフラップ構造)を完成させた機構になっており、その便利さが受けてヒット商品となった。

このヒットによって、昭和35年に10億円に達した当社の業績は、38年には37億円の売上を記録し、一気に業界のトップに躍進した。