象印 ZOJIRUSHI

会社概要

あゆみ

卓上用まほうびん「UポットUA型」新発売
以後、花柄がブームに 1967年(昭和42年)

花柄ブーム

「UポットUA型」

昭和42年はポットに華やかさが加わった年である。それまでポットのケースは光りもののクロームから、これに色をつけ、あるいは木目調にするなど進んではきていたが、華やかさはなかった。42年に当社はテーブルやキッチンに潤いを持たせようと考え、いちばん普遍的で誰にも喜ばれる花柄をケースに印刷することにした。これには当時の印刷技術のめざましい発達に負うところが大きい。最初は抽象的な花柄を選び、原図は京都友禅の絵師の手により、ホワイトのほかに、ローズ、レッド、グリーン、ブルーのクローバー、ゴールドの地にローズものなどを商品化し、一挙に華やかな開花となった。花柄はさらに進み、四大流派(池坊流、小原流、草月流、未生流)の家元に実際に花を生けてもらい、これを写真にとって家元のサイン入り図柄をつくってケースに印刷し、「エールポットいけばなシリーズ」として昭和44年1月に発売した。

こうしたことも加わって、花柄はブームとなり、ポットの普及度を押し上げるとともに、部屋の中に潤いと華やかさを演出する小道具の役割を果たすことになった。