象印 ZOJIRUSHI

会社概要

あゆみ

マイボトルキャンペーン開始
2006年(平成18年)

マイボトルキャンペーン

子供たちがステンレスボトル(水筒)を持ち歩いているように、大人もステンレスボトルを携帯することにより、環境への貢献と、健康的なライフスタイルを提案する「マイボトル」キャンペーンを平成18年4月10日より開始した。
エコやLOHAS(ロハス)ブームなど、環境に対する意識が高まるなか、当社の主力商品であるマホービンの優れた保温保冷性能と、何度も繰り返し使えて環境に優しい点が再び注目されていた。 11/1子供たちがステンレスボトル持参で学校に通うように、大人の方でも健康などを考え、お好みの飲み物入れたステンレスボトルを携帯される方が増えているのだ。

マイボトル

“給茶スポット”での給茶サービスの様子

当社では、こうした傾向の中、新しいトレンドとして、マイボトルを携帯することにより、環境への貢献と、健康的なライフスタイルを提案する「マイボトル」キャンペーンを企画。
第一弾として、東京・大阪の人気カフェ&ギャラリー(計6店舗)にて、ボトルを持参した方に、給茶(有料)してもらえる“給茶スポット”を開設した。「給茶スポット」協力店の店頭には「給茶スポットマーク」を掲示。これにより、“環境にやさしい暮しを啓発するお店”をアピールでき、給茶対応可能であることが一目でわかるようになっている。マスメディアへの露出のおかげで認知促進したこともあり、その後、給茶スポットは札幌、名古屋、福岡などへも順次拡大していった。

給茶スポットマーク

給茶スポットマーク

また、“マイボトルで「どこでもカフェ」”の開設を記念して、4月10日を「ステンレスボトルの日」(「4」が中国語で「スー」、「10」が英語で「テン」の語呂合わせより設定)に制定した。

茶業界とのコラボレーション『ロック DE お茶』
ロックDEお茶ロゴ

ロックDEお茶
ロゴマーク

平成19年4月10日には、全国茶商工業協同組合連合会と協同し、日本茶の新しい飲み方とマイボトルを持つことで新しいライフスタイルを啓発する『ロック DE お茶』を全国でスタートさせた。茶業界では、ペットボトル市場において飲料の第1位が「無糖飲料」(お茶や水)という現状にもかかわらず、一般家庭での茶葉の消費量は微減傾向にあった。また、若者や子供の多くは年中冷たい飲み物を好む傾向にあるが、家庭での冷たいお茶の抽出は一般化しておらず、日本茶業界の活性策を模索していた。この2者がコラボレーションすることにより、茶業界の活性化と、“マイボトルで「どこでもカフェ」”の更なる進展を図った。

ロックDEお茶イメージ

ロックDEお茶

市販されている茶飲料とは違って、茶葉からの抽出では、玉露や煎茶、ほうじ茶などの種類や、加工方法、産地、ブレンドなど様々な味を作ることができるがメリットであるが、時間が経つと風味や色に変化が起こるというマイナス面があった。しかし、『ロック DE お茶』で推進する飲み方は、自分好みのお茶を最適温度で抽出し、そのお茶を急冷してマイボトル(ステンレスボトル)で保冷することで、そのお茶の風味や色、味の変化を最小限に抑え、自分好みの“オリジナルアイスグリーンティー”を、いつでもどこでも手軽に楽しんでいただけるといったものであった。
『ロック DE お茶』の啓発活動を実施する日本茶専門店のうち、店頭で給茶サービス(有料)をしてもらえる「給茶スポット」の数は、全国で約280店舗(平成22年2月現在)に拡大している。

これらの活動に関する情報は、象印ホームページ内に開設する“マイボトルで「どこでもカフェ」”に随時掲載されている。