象印 ZOJIRUSHI

株主・投資家情報

経営方針・体制 / 株主・投資家の皆さまへ

ブランド力のさらなる向上を目指し、中期経営計画を着実に実行してまいります。代表取締役社長 市川 典男 ブランド力のさらなる向上を目指し、中期経営計画を着実に実行してまいります。代表取締役社長 市川 典男

皆さまには、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
また、日頃より当社製品・サービスをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

当社は1918年、1本のガラスマホービンから出発しました。それ以来、家庭用品メーカーとして日々の生活を豊かにするさまざまな商品の開発を行ってまいりました。

現在当社グループでは、新たに経営方針『BRAND INNOVATION』(ブランド革新)を制定し、家庭用品ブランドとしての象印ブランドを深化させるとともに、「食」や「暮らし」に関する不満や課題を商品やサービスを通じて解決できるソリューションブランドへ進化していくことを目指しております。
そのために、「領域の水平的拡大」、「領域の垂直的拡大」、「経営基盤の強化」に取り組み、象印ブランドの価値を三次元的に拡大していきます。

2019年11月期の主な取り組みとしては、国内においては新しいコンセプトの家電シリーズ『STAN.』を発売するとともに、海外においても世界最大級の消費財見本市に出展し、新規市場の開拓や新規販売チャネルの獲得に向けた取り組みを推進するなど、既存領域の拡大に向けた施策を展開いたしました。また、新しい事業領域の創出に向けた体制強化として、全グループ社員から新規商品・事業のアイデアを募集し、企画の立案を行うとともに新規事業を検討する専門部署を設置いたしました。
さらに、経営基盤の強化として、お客様とのコミュニケーション強化のため「ZOJIRUSHIオーナーサービス」を開始し、プラスチックごみ削減など環境問題の解決を図るため自治体との間に連携協定を締結するなど、CSR活動を推進いたしました。

2020年11月期につきましては、経営方針の具体的計画として策定した中期3ヵ年計画『ADAPT』(2019年11月期~2021年11月期)の実行の年と位置付けて、2019年11月期に立案・計画化した内容を着実に実行し、成果に結びつけてまいります。
一例としては、主力商品であり、海外での販売比率が高いステンレスボトルを商品企画から開発、製造、広告宣伝、販売まで全社一貫した戦略に基づいて再活性化を行い、売上の拡大に努めてまいります。また、生産性の向上と従業員満足の両立を目指す働き方改革にも取り組んでまいります。

今後も皆様の期待にお応えできるよう、象印ブランドのさらなる向上と企業価値の拡大を目指してまいりますので、株主・投資家の皆様におかれましては、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。