ニュースリリース / 報道関係者に向けて発表した資料

2013年6月19日

羽、釜厚、コーティング、ヒーター、すべてが新しくなった“極め羽釜”
前回食べた感想を回答するだけで、好みの味に進化していく「わが家炊き」メニューを搭載
圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』(NP-WA10型)
新発売

象印マホービン株式会社では、羽釜形状の内釜を採用した炊飯ジャー“極め羽釜”シリーズに新機能を追加した、圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WA10型“極め羽釜”を平成25年8月21日より発売します。

 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」NP-WA10型 新発売
圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WA10型“極め羽釜”
左から、プライムホワイト、プライムブラウン(中央は内釜)

同NP-WA型では、内釜の羽の部分に一品削りだしのステンレスを採用することで発熱体積を増やし、釜の厚さと質量をアップすることで蓄熱性を高めました。これにより、従来よりも素早く熱が加わり、高火力を維持しながらの炊飯が可能となり、ふっくらしたごはんに炊き上がります。さらに、新搭載の「わが家炊き」メニューでは、前回の炊き上がりの感想を、「かたさ」・「粘り」の項目から3択のアンケートに回答するだけで、その評価により食感を微調整し、使用するたびにわが家好みの味へと進化させます。また、操作パネルをふたに配したトップパネルデザインにより、奥行きを抑えたコンパクトな本体形状となっています。


商品名 品番 炊飯容量 希望小売価格(税込) 発売日
圧力IH炊飯ジャー
『極め炊き』
“極め羽釜”
NP‐WA10 0.09〜1.0L(5.5合) 126,000円 平成25年
8月21日

【商品概要】
 

平成24年の炊飯ジャーの業界出荷数は、平成23年に比べ微減の約589万台。平成25年は590万台を見込んでいます(日本電機工業会出荷統計より当社推計)。IHタイプでは売価が59,800円以上での炊飯ジャーの比率は増加傾向にあり、平成24年は数量ベースで17%(平成23年16%)、金額ベースで34%(同31%)を占めています(当社推計)。

当社では、平成22年に “羽釜形状”の内釜を採用した高級機種、圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-SA10型“極め羽釜”を発売。翌23年には、羽釜の形状はそのままに、内釜の素材に伝統工芸品「南部鉄器」を採用した特別仕様のNP-SS10型“南部鉄器 極め羽釜”を発売。昔ながらの「かまど」、「羽釜」で炊いたごはんを再現したおいしさが大変好評です。

今回発売する圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-WA10型“極め羽釜”は、内釜の外側部分に、発熱効率の高いステンレスを採用(従来機NP-SC10型:ニッケルメッキ)、釜の厚さ3.5mm(同:釜底の厚さ3.1mm、釜厚2.2mm)、質量1.4kg(同:0.9kg)にすることで、蓄熱性も高めました。素早く熱が伝わり、高火力を維持しながら炊飯するので、ふっくらとしたごはんが炊き上がります。

側面から大火力で包み込む「かまどヒーター」の面積を従来の約3倍※1にすることで、側面からの加熱を約1.6倍※2に強化、昔のかまどのような大火力で、お米の一粒一粒まで熱を行き渡らせます。さらに、プラチナセラミックの素材を変えて、釜の内釜にコーティングした「うまみプラチナコート」により、ごはんの甘み成分が約60%※3、うまみ成分が約10%※4アップしました。

使用していくたびに、わが家好みの味に進化していく「わが家炊き」メニューは、前回食べたごはんの感想を「かたさ」「粘り」の項目から、3択のアンケート形式に回答すると、その評価により、食感を微調整し、好みの味に炊き上げます。

40時間おいしく保温できる「極め保温」、操作パネルをふたに配したトップパネルデザインにより、奥行きを抑えたコンパクトな本体形状など、使いやすさも高めています。

また、今回の新製品(極め羽釜シリーズ)より、お米の計量や洗い方など、おいしく炊くコツをまとめたDVDを同梱しています。

※1
当社従来品 平成24年NP-SC型羽釜ヒーター面積38.0p2  NP-WA型かまどヒーター146.0p2との比較
※2
当社従来品 平成24年NP-SC型羽釜ヒーター50W  NP-WA型かまどヒーター80Wとの比較
※3
当社従来品 平成21年プラチナコートなしの釜NP-LT型比較
甘み成分のひとつである還元糖量 NP-LT型 0.066mg/g  NP-WA型0.106mg/g との比較
当社自社基準による東京農業大学調べ。
※4
当社従来品 平成21年プラチナコートなしの釜NP-LT型比較
うまみ成分のひとつであるアミノ酸量 NP-LT型 112nmol/g  NP-WA型124nmol/g との比較
当社自社基準による東京農業大学調べ。
【商品特長】
<今回新しくなったポイント>
1. 羽の蓄熱性を高めた「新・極め羽釜」
釜の外側部分に、発熱効率の高いステンレスを採用(従来機NP-SC10型:ニッケルメッキ)、
釜の厚さを3.5mm(同:2.2mm)、質量も1.4kg(同:0.9kg)に見直し、蓄熱性を高めました。従来より素早く熱が伝わり、高火力を維持しながら炊飯するので、ふっくらとしたごはんに炊き上がります。
2. 精密に削り出し、溶接するステンレスの羽
蓄熱性の高いステンレスの羽を一品ずつ精密に削り出して作ります。
精密に削り出し、溶接するステンレスの羽
3. 側面から大火力で包み込む「かまどヒーター」
「極め羽釜」の特長の一つ、釜の羽に密着して加熱するヒーター。その面積を従来機NP-SC型の約3倍※1にすることで、側面からの加熱を約1.6倍※2に強化しました。昔のかまどのような側面からの大火力で、お米一粒一粒まで熱を行き渡らせます。
4. ごはんの甘み成分が約60%アップ※3うまみ成分が約10%※4アップ「うまみプラチナコート」
釜の内側にコーティングしたプラチナ(白金)ナノ粒子と遠赤外線効果でごはんの甘み成分(還元糖)が60%アップ※3し、うまみ成分の一つであるアミノ酸も10%アップ※4しています。
5. 40時間おいしく保温できる「極め保温」
「極め保温」では底センサーが細かく火加減で温度コントロールします。さらに「うるおい二重内ぶた」と蒸気口の「おひつボール」が水分の蒸発を抑え、40時間まで保温できるようになりました。また、保温しない方にオススメの「保温切」メニューもあります。
6. 前回食べたごはんの感想を回答するだけで、好みの味にピッタリ炊ける 「わが家炊き」メニュー
「わが家炊き」メニュー前回食べたごはんの味をアンケート形式に回答するだけで、自分の家に合った食感(かたさ・粘り)に炊くことができます。121通りの炊き方が選べる、まさにわが家の味が作れるメニューです。
7. おいしく炊くためのDVDつき
今回の新製品(極め羽釜シリーズ)より、お米の計量や洗い方など、おいしく炊くコツをまとめたDVDを同梱しています。

<従来からの商品特長>
しゃっきりからもちもちまで好みの食感に炊き分ける7通りの「炊き分け圧力」
炊飯や保温時の温度を細かく見張る「7つのセンサー」
栄養価の高い金芽米や雑穀米、玄米が炊ける「健康米メニュー」
 (金芽米は東洋ライス株式会社の登録商標です。)
お手入れしやすい「フラットトップパネル」「ステンレスのフラットフレーム」「はずして洗える内ぶた」
最適な保温温度にコントロール「保温見張り番」
時間をかけて甘みを引き出す「熟成炊き」メニュー
おいしさを一年中コントロール「AI炊飯」
蒸気を抑える「蒸気セーブ」メニュー
消費電力を抑える「エコ炊飯」メニュー(工場出荷時には「エコ炊飯」メニューを初期設定にしています)
内釜3年保証(取扱説明書の記載事項にそぐわない場合は対象外)
【商品仕様】
商品名 圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』
品番 NP-WA10
希望小売価格(税込) 126,000円
炊飯容量 0.09〜1.0L(5.5合)
炊飯時消費電力 1360W
外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm) 29.5×36.5×24.0
質量(約kg) 8.0
電源コード コードリール式 1.0m
色柄 プライムホワイト(-WP)、プライムブラウン(-TP)
発売予定日 平成25年8月21日

※このニュースリリースの情報は、記者発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で最新の情報とは異なっている場合がありますのであらかじめご了承下さい。

■ お客様からのお問い合わせ先 ■

お客様ご相談センター ナビダイヤル 0570-011874
(市内通話料金でご利用いただけます)
■ 報道関係者様からのお問い合わせ先 ■

象印マホービン株式会社 広報部(担当 : 市川・美馬本(みまもと))
〒 530-8511 大阪市北区天満 1 丁目 20 番 5 号
http://www.zojirushi.co.jp
TEL 06-6356-2329
2013年ニュースリリース一覧に戻る