知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

お茶カタログ お茶を種類別にご紹介
中国茶 お茶の発祥地、中国には発酵度合い、発行方法、製法により6つに分類され、これに花の香りをつけた花茶が加わります。それらの代表的なお茶と産地をご紹介します。
[ 種 類 ] [ 産 地 ]

中国茶の種類紹介
※茶葉画像をクリックすると、拡大画像がご覧になれます。
西湖龍井茶 緑茶:西湖龍井茶
緑茶(リュウチャ)は、ほとんどが釜炒りという方法で発酵をさせない不発酵茶です。生産量が一番多く銘柄も大変多くあり、70〜80℃位のお湯でいれ、飲まれています。
西湖龍井茶(シーフーロンジンチャ)は、コクのある、清涼な香りのお茶です。茶葉は龍井茶独特の押さえつけるような製法で、扁平な形なので見分けがつきます。

白牡丹 白茶:白牡丹
白茶(パイチャ)は、摘み取った茶葉を自然乾燥し、茶葉が持つ酸化酵素により発酵させた白いうぶ毛のある弱発酵茶。生産量の少ない貴重なお茶です。
白牡丹(パイムータン)は、やさしい味わいで、さっぱりとした後口です。グラスに直接茶葉を入れ、浮き沈みするのがたのしめます。

君山銀針 黄茶:君山銀針
黄茶(ホアンチャ)は、工程で半乾燥させた茶葉を丁寧に積み重ねて発酵させた弱後発酵のお茶です。菌による後発酵なので独特の風味です。
君山銀針(クンザンギンシン)は、独特の風味と香りを持つ不思議な味わいのお茶です。このお茶も、浮き沈みする茶葉の動きがたのしめます。

阿里山高山茶 青茶:阿里山高山茶
青茶(チンチャ)は半発酵のお茶で、種類が多く味もさまざまです。ウーロン茶はこの分類に入ります。
阿里山高山茶(アリサンコウザンチャ)は、台湾阿里山の標高1,000メートル以上で育てられたお茶です。清らかな香りと甘味のある高級茶です。

プーアル茶 黒茶:プーアル茶
黒茶(ヘイチャ)は後発酵のお茶で、高温多湿な場所で菌を使って発酵させ乾燥、これを繰り返して作られます。ワインのように年代を経たものほど高価とされています。
プーアル茶は、脂肪を分解する働きがあるといわれています。発酵前に型などに入れて固めた緊圧茶があり、いろいろな形があります。(写真はプーアルトウ茶)

キーマン 紅茶:キーマン紅茶
紅茶(ホンチャ)は、酸化酵素の働きを十分にした完全発酵茶です。独特の色と香りは発酵茶ならでは。世界中で愛飲されている紅茶は、中国がそのルーツといえます。
キーマン紅茶は、蘭の花の香りがするといわれ、独特の味わいのする、世界3大紅茶の一つです。

茉莉龍珠 花茶:茉莉龍珠
花茶(ホアチャ)は、茶葉に花を混ぜ、花の香りを移したフレーバーティーです。茶葉の吸香性を利用するので、最後に香り付けの花は取り除きます。高級な花茶ほど茶葉中の花の量が少ないです。
茉莉龍珠茶(モーリーリュウジュ)は、白毫の多く混じった茶葉を手揉みで丸い形にしたジャスミン茶です。味、香りともに上品で、お湯を注ぐと丸まった茶葉がゆっくりと開きます。
ページトップへ
中国茶の産地紹介
緑 茶 一番生産量が多く広域に渡って作られています。浙江省、河南省、江蘇省、湖北省、安徽省、広東省、福建省、江西省、湖南省、海南省、広西壮族自治区、雲南省、貴州省、四川省、陝西省、チベット自治区など。
白 茶 香港、広東や東南アジアの人に好んで飲まれています。福建省、広東省、台湾など。
黄 茶 各地で作られていますが、生産量の少ない貴重なお茶です。湖南省、安徽省、浙江省、四川省、湖北省、福建省、広東省、貴州省など。
青 茶 日本では福建省、広東省、台湾が有名です。福建省、広東省、台湾、江西省、湖南省など。
黒 茶 中国だけでなく、東南アジアでも生産、加工されています。湖北省、湖南省、広西壮族自治区、雲南省、四川省、ベトナム、タイなど。
紅 茶 ほとんどが輸出用につくられています。安徽省、福建省、浙江省湖北省、広東省、江西省、湖南省、海南省、広西壮族自治区、雲南省四川省など。
花 茶 花茶には果物で香りをつけたものもあります。福建省、浙江省、江蘇省、安徽省、広西壮族自治区、四川省、台湾など。
ページトップへ