知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

お茶の常識 お茶の起源、種類別の文化、そして種類別のお茶の入れ方、話題のお茶の効用をご紹介
お茶の効用
お茶はただおいしいだけでなく、さまざまな成分を持つ健康的な飲み物です。

カテキン
最近耳にするカテキンは緑茶の渋み成分でタンニンの一種です。抗酸化作用・抗菌作用が有名ですが、その他にも消臭、コレステロール上昇抑制、抗アレルギーなどにも効果があると言われています。
カロチン
ニンジンで有名なカロチンは抗酸化活性作用があり、緑茶にはそれら緑黄色野菜の数倍はあると言われています。
ただし、カロチンはお湯に溶けにくいので、抹茶としてや、粉末茶、あるいは茶葉を食べることなどにより、多く摂取出来ます。
カフェイン
コーヒーの代名詞のようなカフェインはお茶にも多く含まれています。
カフェインは眠気覚ましや気分をすっきりさせるなどで有名ですが、他にも強心作用、利尿作用等があります。
ビタミンC
ビタミンCはストレスに対処する物質のひとつで、これもお茶に多く含まれています。 ただし、発酵によってビタミンCは失われてしまいますので、発酵茶である紅茶や半発酵のウーロン茶にはほとんど含まれていません。不発酵の緑茶には多く含まれています。
ビタミンE
抗酸化作用や血液循環、免疫機能増進があると言われています。
これもカロチンと同様、お湯(水)に溶けにくいのですが、粉末茶などで摂取出来ます。
フッ素
フッ素は歯の表面のエナメル質を強化し、歯が 乳酸で溶けないように働くと言われています。
お茶にもこのフッ素が含まれています。食後に口中をきれいにするために番茶でのうがいは効果的です。

その他にも口臭予防のあるフラボノイド、虫歯予防のポリフェノールなどが含まれています。