知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

お茶の常識 お茶の起源、種類別の文化、
そして種類別のお茶の入れ方、話題のお茶の効用をご紹介
日本茶の入れ方
お茶の種類による基本的な入れ方を紹介します。
  [ 煎茶の入れ方 ] [ 玉露の入れ方 ] [ 薄茶の入れ方 ] [ 冷茶の入れ方 ]

煎茶の入れ方
1 急須と茶碗を熱湯であたためる。
3 80℃〜60℃のお湯を静かに注ぎ、約1〜2分間おく。
2 あたためた急須のお湯をすて、計量した茶葉を入れる。(1人あたり2〜3g)
4 茶碗のお湯をすて、急須からお茶を濃度が同じになるように注ぎ分ける。最後の一滴まで絞りきりましょう。二煎目以降は、一煎目より高目のお湯で時間は短めです。
ページトップへ
玉露の入れ方
1 沸騰したお湯を湯冷ましに注ぐ。急須と茶碗にもお湯を注ぎ、あたためておく。
2 あたためた急須のお湯をすて、計量した茶葉を入れる。(1人あたり約4g)
80℃(煎茶)の保温設定があるポットなら、湯冷ましなしですぐお茶が入れられます。
0 電気ポット
商品ラインナップページへ
3 60℃〜50℃になった湯冷ましのお湯を急須に注ぎ、約1分半〜2分半ほどじっくりと蒸らす。ふたにあたたかみが伝わってきたころが目安です。
4 茶碗のお湯をすて、急須からお茶を濃度が同じになるように注ぎ分ける。最後の一滴まで絞りきりましょう。二煎目のお湯を湯冷ましに入れておく。(二煎目以降は高目のお湯)
ページトップへ
薄茶の入れ方
1 茶碗をお湯であたためる。あたたまったらお湯をすて、布巾で拭いておく。
3 茶筅(ちゃせん)を前後に動かし素早く混ぜる。ダマが出来やすい場合は先にふるいをかけておく。細かい泡が全体に立ったら、「の」の字を書くように茶筅を引き上げる。
2 抹茶を茶杓で1杯半ほど(約2g)入れ、80℃位のお湯を静かに注ぐ。
4 茶碗を左手にのせ、茶碗を左に2回まわして茶碗の正面をお客の方に向け、右手で差し出します。(※これらは日常いただく略式の入れ方です)
ページトップへ
冷茶の入れ方
1 急須に人数分の茶葉を入れる。
3 氷を入れたグラスに注ぐ。茶葉がでてしまうようなら、茶漉しを通して入れる。(※深蒸しタイプの煎茶が最適です。またティーバッグタイプのお茶が便利です)
2 冷やしておいたミネラルウォーター(または浄水)を注ぎ、十分に茶葉が開くまで置いておきます。
ページトップへ