知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

お茶の常識 お茶の起源、種類別の文化、
そして種類別のお茶の入れ方、話題のお茶の効用をご紹介
紅茶の入れ方
お茶の種類による基本的な入れ方を紹介します。
  [ ストレートティーの入れ方 ] [ ミルクティーの入れ方 ] [ アイスティーの入れ方 ]
  [ ティーバッグの入れ方 ]
ストレートティーの入れ方
1 ティーポットとカップに沸騰したお湯を注いであたためる。ティーポットはふたをして全体をあたためる。あたたまったらお湯をすて、ティースプーン1杯を1人分とし、人数分+1杯の茶葉を入れる。
2 速やかにティーポットに熱湯を注ぐ。お湯の量はカップ1杯が1人分です。
VE電気まほうびんのコードレスタイプなら、プラグをはずしても、熱いお湯が使用できるので、ガーデンティーパーティーに便利です。
3 お湯を注いだら、すぐにティーポットにふたをし、ティーコージーをかぶせ冷めにくくし、しっかり蒸らす。
4 蒸らし終わったら、濃度が均一になるようティーポットを軽くまわしながら、ティーストレーナーを使ってカップに注ぐ。
ページトップへ
ミルクティーの入れ方
1 室温に戻した牛乳をクリーマーに入れておく。冷たい牛乳の場合は、事前にクリーマーを熱湯であたためておくと室温に近くなります。
3 ストレートティー同様、ティーポットに速やかに熱湯を注ぎ、しっかり蒸らす。
2 事前にあたためておいたティーポットのお湯をすて、ティースプーン1杯を1人分とし、人数分+1杯の茶葉を入れる。(ストレートティーよりも分量はやや多めです)
【ミルクは先に入れるのか、
後からいれるのか?】
ミルクを入れる順番はお好みによってどちらでもかまいません。なお、脂肪分の多いミルクは紅茶には向いていません。
4 【ミルクインアフター】
紅茶をティーストレーナーを使って注ぎ、そのあとから好みの量の牛乳を注ぎます。

5 【ミルクインファースト】
カップの中に好みの量の牛乳を入れたあとに、紅茶をティーストレーナーを使って注ぎます。
ページトップへ
アイスティーの入れ方
1 ティーポットは2つ用意しておく。1つのポットを予め熱湯で暖めておき、ティースプーン1杯を1人分とし、人数分+1杯の茶葉を入れ、速やかに熱湯を注ぎしっかり蒸らす。
3 蒸らし終わった紅茶を、もう1つのティーポットにティーストレーナーを使って注ぎます。甘味をつけない場合でも別の容器に移すことで温度を下げる効果があります。
2 甘味をつけたいときは、もう1つのティーポットにグラニュー糖を入れる。糖分を加えると、クリームダウン(白濁)が起きにくくきれいなアイスティーができます。
4 氷を入れたグラスに紅茶を一気に注ぎ、ティースプーンですばやくかき混ぜます。
ページトップへ
ティーバッグの入れ方
1 カップに沸騰したお湯を注いであたためておく。
3 お皿でふたをし、十分蒸らす。
2 あたたまったらお湯をすて、新たに熱湯を注ぎ、ティーバッグをカップのふちから静かに入れる。
4 蒸らし終わったら、ふたをはずし、ティーバッグを2〜3回カップの中でふり、静かにカップから引き上げる。
ページトップへ