知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

お茶の常識 お茶の起源、種類別の文化、
そして種類別のお茶の入れ方、話題のお茶の効用をご紹介
中国茶の入れ方
お茶の種類による基本的な入れ方を紹介します。
  [ 工夫茶器の入れ方 ] [ 聞香杯の使い方 ] [ 茶壺の入れ方 ]
  [ 蓋碗での入れ方 ] [ グラスでの入れ方 ]
工夫茶器の入れ方 お茶の種類:青茶、黒茶
1 予め茶盤の上に茶具を用意し、茶壺、茶杯にお湯を注ぎ、あたためておく。茶壺のお湯を茶盤にすて、茶壺に茶葉を入れる。
2 沸騰したお湯を高いところから、あふれるぐらいまで注ぎ、一煎目はすてる。(この工程を洗茶と呼び、黒茶の場合にします)
再びあふれるぐらいのお湯を注ぎ、表面に浮いた泡を拭うようにふたをする。
3 ふたをした上から茶壺にお湯を回しかけ、1〜2分蒸らす。(素焼きの茶壺の場合は表面が乾いたころが目安)
5リットルの大容量ポットならお湯をたっぷり使う工夫茶器に便利です。
電動ポット
CD-PB50 商品ページへ
4 茶壺のお茶を茶海に移し替える。最後の一滴まで茶をそそぎきります。
5 茶海から茶杯に注ぎ分ける。茶海を介すことにより均一の濃度のお茶ができます。
ページトップへ
聞香杯の使い方 お茶の種類:青茶
1 急須または茶海からお茶を聞香杯に注ぎます。
3 聞香杯に残った香りをかいで楽しみ、茶杯のお茶をいただき、味わいます。
2 聞香杯のお茶を茶杯に移す。
ページトップへ
茶壺の入れ方 お茶の種類:緑茶、黒茶、紅茶
1 予め茶壺、茶杯にお湯を注ぎ、あたためておく。
3 熱湯を注ぎ、1〜2分蒸らす。黒茶の場合は一煎目はすて洗茶をする。
2 あたためた茶壺のお湯をすて、茶壺に茶葉を入れる。
4 茶杯のお湯をすて、お茶を均等に注ぎ分ける。
ページトップへ
蓋碗での入れ方 お茶の種類:緑茶、白茶、黄茶、花茶
1 予めあたためておいた蓋碗に茶葉を入れ、熱湯を注ぐ。
3 牡丹茶などの場合は茶葉が開き、目でもたのしめます。
2 ふたをし、十分蒸らす。
4 ふたを少しずらして、そのままいただきます。また蓋碗から茶杯に注いで飲む方法もあります。
ページトップへ
グラスでの入れ方 お茶の種類:緑茶、白茶、黄茶、花茶
1 予めあたためておいたグラスに、静かにお湯を注ぎ入れる。
3 お皿を使ってふたをし、蒸らす。
2 その上から茶葉を入れます。
4 グラスの中で茶葉が上下しはじめる。茶葉が沈んだころが飲みごろです。
ページトップへ