炊く前に精米した銀つやごはん/トップへ戻る
おいしいごはん/menu

おいしいごはんの炊き方

ごはんに合うおかず

お米つぶ辞典
お米の種類
お米を食べる国
お米の食べ方
お米の栄養
お米の歴史

お米のおいしさ

ワールドゴハンガイド

「米ぬか」使用方法

お米の歴史 ライス・ヒストリー
はじまり:文明とともにお米が誕生
緑米
野生種に近い緑米
お米の栽培の起源は何と今から6000年前。
最初の稲作がインド・アッサム地方ではじまったと考えられています。
(中国・雲南地方の説もあります。雲南地方はお茶の原産地ともいわれています。)
野生の種をまいて育て、収穫するという一連の作業が、すでにその時点からはじまっていたことを考えると、歴史の壮大さを感じずにはいられません。
その稲作技術が風土性と相まって、文明の発達が著しかったアジアやアフリカに伝わったのち、今から5000年程前に中国に伝わったといいます。本格的な米の栽培はどうやらこの辺から始まったようです。
揚子江や黄河など大きな川の沿岸の、米づくりに適した風土で育まれたお米が、今から2000〜3000年前に日本に伝来し、日本のお米の起源となったのです。ちなみに日本に伝わった当時のお米は、いわゆる“赤米”だったといわれています。
古代:お米が国をつくる
稲穂 はじめに九州の北部に伝来したお米は、時の経過に伴って近畿〜東海〜関東〜東北へと、しだいに日本中に広まっていきました。
こうして稲作が成長するにしたがい、新しいさまざまな文化を大陸から吸収する力をつけることができた日本は、いわゆる弥生文化を大きく花開かせたのです。
その頃(3世紀)、日本では初めての国家といわれる“邪馬台国”が女王・卑弥呼のもとで発祥し、お米の発達とともに、いよいよ日本は国としての形が整いはじめました。国文化の中心となったのは、言うまでもなくお米。当時、高い技術を誇った稲作を中心に、労働や管理などに対する組織が形成され、生活を営むための最大の手段となりました。さらにお米は権威・権力の象徴として政治の世界に深く交わるようになり、以後、お米を中心とした国家の成り立ちは変わることなく永続することになったのです。
日本人とお米は、ありとあらゆる面で、切っても切れないものだったということですね。
中世:お米が家をつくる
収穫 さらにお米は、経済面においても、その基本となりました。 たとえば、稲作を進めていくために必要な広大な農地が必要をどれだけたくさん持っているかで、その人の富裕さや権力の度合いが測れたそうです。当時は“お金持ち”ではなく“お米持ち”が裕福な家の示し方だったのでしょうね。
さらに歴史が移り変わり、江戸時代になると、大名の勢力のバロメータは所持するお米の多さで決められました。いわゆる「石高制」というものです。ちなみに一石は米俵に換算すると2.5俵。100万石などという超ビッグな大名は、実に250万俵ものお米を持っていたことになるんですね。今の貨幣価値になおすと、一体どのくらいになるのでしょうか?豊臣秀吉の時代に制定されたこの石高制により、日本でのお米の重要度はより高まりました。単に“食べるもの”としてだけではなく、その家の価値を示す存在になるというのも、米中心の国、日本ならではのことだったんでしょうね。
近代〜現代:お米は再び“食べるもの”へ
白ご飯 江戸時代後半から日本の経済は徐々に“貨幣”によるものへと移り変わり、お米は本来の“食べる”目的のものとなりました。
その間にも大正時代の“米騒動”の勃発をはじめ、お米の不作によって国の経済は大きく変動するなど、お米と経済のつながりは、もちろん、今も変わることがなく綿々と継がれています。
しかし今、食文化の中心としてのお米の存在は人々をほっとさせるものになったといえるでしょう。
わたしたちをおいしく、やさしく育んでくれるお米。そのひと粒ひと粒に壮大な歴史があるということですね。
page top