炊く前に精米した銀つやごはん/トップへ戻る
おいしいごはん/menu

おいしいごはんの炊き方

ごはんに合うおかず

お米つぶ辞典
お米の種類
お米の食べ方
お米の食べ方
お米の栄養
お米の歴史

お米のおいしさ

ワールドゴハンガイド

「米ぬか」使用方法

お米のおいしさ お米はなぜおいしいのか?
見ただけでおなかが鳴りそう…
白ご飯 ふっくら炊きあがったごはんのつやつやとした色味と、ほのかにたちのぼる湯気。
もう見ただけで食欲がそそられてしまいますよね。
もちろん実際のおいしさは食べてみて実感するのですが、真っ白で粒の揃ったごはんは、見た目の時点でもうじゅうぶんに主食としての役割を果たしているように思えます。
おいしいごはんを味わうためには、お米のとぎ方や炊き方、蒸らし方などにもひと工夫必要だったりするのですが、ここではもっと具体的に、科学的証明の見地から見ていきましょう。
お米のおいしさは、ふたつの「アミ」にあり!
お米のおいしさを判定する試験があるのを、ご存じですか?
毎年11月〜翌年5月の間に実施されるもので、味や粘り、かたさなど、おいしいお米にはかかせない要素を満たしたお米が、それぞれ評価されているんです。
そういった背景の中で、お米のおいしさは科学的にも解明されつつあるんです。お米のおいしさは、水やでんぷん、タンパク質など、それぞれの成分のバランスによって決まります。
さらに、そのなかでも「アミロース」「アミロペクチン」とよばれる2種類のでんぷんの含有バランスが、お米のおいしさを決定づけるものであるということがわかっています。両方とも「アミ」が頭につきますね。ちなみに、
「アミロペクチン」が多いお米…粘りがあり、確かな歯ごたえが感じられる。もち米に代表される。
「アミロース」…硬く、パサパサとした食感。
インディカ米はアミロースを多分に含んだお米といえるといわれていますが、おいしいお米に「アミロース」は必要ないんじゃないか?と、つい思いがちですよね。だからといって、いつもいつももち米ばかり食べるわけにもいかないですよね。

両方とも、ひと粒のお米を形成するのに欠かせないものであるとされています。要は両方のバランスがどれだけいいのかが、いいお米の基準となるわけです。
日本のお米は、そのバランスが理想的であるといわれています。さらに風土性(土壌や空気、水)や、気象条件、栽培の方法など、日本はきわめて米づくりに適しているとされています。
そのような理想的なお米を、わたしたち日本人は毎日おいしく食べているというわけ。
みなさんも、今一度ごはんの味をかみしめて、改めてお米のおいしさを体感してみてはいかがでしょうか?
.
page top