• 真空ジャケット
  • ステンレス製真空パネル

真空ジャケット

真空ジャケット
ステンレス製真空パネル
貯湯保温タンク
真空ジャケット

ステンレスマホービン製造の技術で、真空ジャケットを開発、製品や設備の部品として、保冷・保温・遮熱などの断熱効果が期待できます。
現在、真空ジャケットは弊社のVE電気まほうびん(電気ポット)に採用しており、消費電力を大幅に削減することにより省エネを実現しています。(平成16年度省エネ大賞受賞)
高温部分や断熱したい部分に真空ジャケットをかぶせるだけで熱ロスを抑え、トータルコストダウンが期待できます。

特長
(1) 最高の断熱性能が期待!
弊社電気ポットでの実績例

■消費電力

消費電力比較表
※3Lポット(満水)使用(当社測定による)

■サーモグラフィによる実証

真空ジャケット採用商品真空ジャケットなし

サーモグラフィーとは?
表面温度を測定し色で表示した温度分布図、温度の違いが一目でわかるようになります。


試作機(即湯機)での実績例

■消費電力

消費電力比較表
※2Lポット(満水)使用

(2) コンパクト設計が可能!

他の断熱材ではその厚みが断熱性能に大きく影響しますが、真空断熱の場合、厚みに関係なく性能を発揮します。従って他の断熱材に比べ、コンパクト設計が可能となります。

(3) トータルコストダウンが実現!

グラスウール断熱では、外郭に印刷鋼板などの部品をかぶせる必要がありますが、真空ジャケットは、そのまま外郭構造部材として使用することも可能です。このように外郭構造部材として兼用利用の可能性や、加熱・保温ヒーターを包含しての断熱をすること等により、トータルコストダウンが実現できます。
※使用場所の環境(例えば腐食性ガスなど)によっては使用できない場合があります。

仕様(弊社VE電気まほうびん採用の真空ジャケット仕様)

使用条件、生産ロット等の条件が合えば、部品販売も可能です。

貯湯保温タンク

内径 Φ186mm
全高 209mm・249mm・260mmの3サイズ
厚み 約4mm
材質 ステンレス
H22年6月現在

ご提案例

真空ジャケットを利用すると、「省エネ」「コンパクト」「安全」「コストダウン」を可能にします。

例えば…
  • 温水(冷水)タンクなど保温(保冷)したい箇所に、真空ジャケットをかぶせることにより、消費電力を下げ、省エネ・コストダウンを可能にします。
  • これまで断熱材を使用している箇所に、断熱材の代わりに真空ジャケットを使用することでコンパクト設計が可能になります。また外郭構造部材として兼用利用することで総合的なコストダウンが期待できます。
  • 高温箇所に真空ジャケットをかぶせることにより、やけどの心配も無くなり安全性が高まります。
  • 「結露を防ぎたい」「温かいものと冷たいものを同じ場所で棲み分けしたい」「温かい(冷たい)状態を維持したい」といった用途に真空ジャケットが活用できます。