象印 ZOJIRUSHI

象印マホービンCSR情報

環境マネジメント

方針と基本的考え方

象印マホービングループは、かけがえのない地球環境の保全が、企業の存在と活動の必須条件であることを認識し、自主的・積極的に環境問題に取り組んでいます。環境方針としては、「CSR基本方針の『地球環境の保護・改善』を深く認識し、生産開発部門の事業活動、製品およびサービスの環境側面について常にそれらの環境影響を配慮し、『地球環境との調和』を目指し、環境社会に貢献する」と打ち出しています。

方針と基本的考え方

象印マホービングループは、CSR基本方針を基に作成した環境方針の実践に向け、生産開発本部長をトップとした環境マネジメント体制を構築しています。

環境マネジメント体制

ISO14001の取得

象印マホービングループは、1999年2月に生産開発本部、象印ファクトリー・ジャパン㈱(いずれも住所は大阪府大東市)において、環境マネジメントシステムISO14001を取得しました。2017年3月からは2015年版規格に移行したため、マネジャーへの運用説明会、各部門での説明会を開催しました。また、ISO14001の内部監査員研修を開催しており、2017年度は象印ファクトリー・ジャパンの社員を含む16名が受講しました。そのほか、職場の環境目標や環境方針を記載したカードを各部署で作成・配布するなど、環境に対して広く意識付けを行っています。

環境に関する苦情・クレームへの対応

環境規格のコミュニケーション管理規定に基づき、苦情および環境情報の公表などを行っています。寄せられる苦情・ご意見については総務部門が窓口となり、迅速に対応しています。直近1年間は、公的に報告を必要とされる事案の発生はありません。