象印 ZOJIRUSHI

環境マネジメント

方針と基本的な考え方

象印マホービングループは、かけがえのない地球環境の保全が、企業の存在と活動の必須条件であることを認識するとともに、次世代に今より良い環境を引き継いでいくことを責務と捉え、自主的・積極的に環境問題に取り組んできました。「CSR基本方針」において「地球環境の保護・改善に積極的に取り組みます。」と明記しており、事業活動における環境影響を配慮し、目標を設定して環境保護に向けた改善活動を行っています。

環境マネジメント体制

当社グループは、「CSR基本方針」に基づく環境方針の実践に向け、生産開発本部長をトップとした環境マネジメント体制を構築しています。

環境マネジメント体制

ISO14001の取得と環境監査

当社グループは、1999年2月に生産開発本部、象印ファクトリー・ジャパンにおいて、環境マネジメントシステムISO14001を取得しました。2017年3月からは2015年版規格に移行し、マネージャーおよび各部門への運用説明会を開催しました。製造拠点におけるISO14001認証取得は、5拠点のうち2拠点、取得率は40.0%となっています。

環境に関する苦情・クレームへの対応

環境規格のコミュニケーション管理規定に基づき、苦情および環境情報の公表などを行っています。寄せられる苦情・ご意見については総務部門が窓口となり、迅速に対応しています。直近1年間は、公的に報告を必要とされる事案の発生はありません。 

環境に関する違反件数、内容および措置

直近1年間は、当社が罰則や課徴金の対象となる重大な違反はありません。