象印 ZOJIRUSHI

サプライチェーン

サプライチェーンの方針と基本的な考え方

象印マホービングループは、世界6ヵ国、約220社のお取引先から製品や部品、材料を調達しています。お取引先との契約に際しては下請法を遵守することはもとより、常に公平公正に接し、良識と誠実さをもって良好な関係を築くことを心がけ、相互に発展していくことを目指しています。

取引の状況

調達方針

当社グループは、2021年11月、調達方針を新たに制定し、法令・規範の遵守、公平・公正な取引、CSR調達の推進、共存共栄の4項目からなる方針をまとめました。2022年11月期から、この調達方針をお取引先と共有し、浸透を図っていきます。

調達方針
象印マホービングループ(以下当社)は、『暮らしを創る』の企業理念のもと、事業を行っております。この理念を、商品の開発・生産を通じて継続して具現化していくためには、サプライヤーであるお取引先と価値観を共有し、ともに歩んでいくことが不可欠であると認識しています。
以下に当社の企業理念に基づく調達方針を明示いたします。お取引先の皆様には、理念を具現化するパートナーとして、当社の調達方針をご理解いただきますようお願いいたします。
  1. 1法令・社会規範の遵守

    当社は、取引に関する法令や社会規範を遵守し、誠実な調達活動を行います。

  2. 2公平・公正な取引

    お取引先に対して、公平・公正な取引の機会を提供します。またお取引先の選定に際しては、以下の項目を重視します。

    • 当社の企業理念を共有していただけること
    • 法令・社会規範を遵守していること
    • 経営状態が健全であり、継続したお取引が可能であること
    • 供給いただく製品・部材の品質、価格、納期が適正であること
    • 供給能力に安定性、柔軟性を有していること
  3. 3CSR 調達の推進

    当社は、「企業の社会的責任(CSR)」を全うするため、お取引先に対して、別に定める『サプライヤーガイドライン』を守っていただくことを要望します。

  4. 4共存共栄

    当社は、お取引先との相互理解と信頼関係の構築に努め、ともに発展していくことを目指します。

2021年11月21日
象印マホービン株式会社
生産開発本部長 宇和 政男

CSR調達の推進

企業の社会的責任を全うするため、サプライチェーン全体を対象とした責任ある調達を目指しています。そのため、お取引先に対して、「サプライヤーガイドライン」に定める事項を守っていただくようお願いしています。

サプライヤーガイドラインの主な内容
1企業倫理
  • 取引関連法規や社会規範の遵守
  • 公正かつ自由な取引の尊重
  • 適正な会計処理の履行。虚偽報告の禁止
  • 贈賄、違法な政治献金、接待・贈答の禁止
  • 営業機密の漏洩の防止
  • 情報セキュリティ対策、情報管理の徹底
  • 反社会的勢力との関係断絶
  • 知的財産権を尊重
  • 紛争鉱物の使用禁止
2労働環境
  • 安全、健康、快適な労働環境の維持・向上
  • 人権の尊重、差別の撤廃
  • 強制的な労働、児童労働の禁止
  • 労働法令、最低賃金の遵守
  • 従業員の団結の自由および団体交渉権の保証
3環境保護
  • 地球温暖化対策の積極的導入と継続
  • 有害物質の管理、排出基準遵守
  • 水資源の利用管理
  • 排水管理、規制遵守
  • グリーン調達の推進
  • 3Rの推進、資源の有効活用、廃棄物削減
4マネジメント
  • PDCA体制の確立
  • 自社リスクの管理とステークホルダーへの開示

サプライヤーアンケート調査の実施

当社グループは、「サプライヤーガイドライン」の各項目の推進状況について、お取引先に定期的な自主アセスメントによる確認をお願いしています。その結果に基づき、必要に応じてアンケート調査やヒアリング等を行い、改善すべき項目が見られた場合には、両社で早急に改善策を講じ、健全なサプライチェーンを構築していきます。

象印マホービン共栄会

当社の国内サプライヤーで組織されている「象印マホービン共栄会」に、当社の社長、関係役員も参加、総会、忘年会など年4回交流の場を設け、親睦を深めています。

※ 2020年11月期、2021年11月期は開催を自粛しています。

Web EDIによる作業効率化

当社グループは、2017年5月より作業効率化を目的に、お取引先との書類のやりとりを従来のFAXから電子データの「Web EDI」に切り替えました。手作業を減らすことで、お取引先の作業負担の軽減につながっています。また、ペーパーレス化によって環境負荷も低減されました。

グリーン調達

象印マホービングループは、お取引先様にご協力いただきながら、グリーン調達を推進しています。2005年にグリーン調達管理規定を制定し、国内・海外の生産活動において環境負荷の少ない原材料の優先的調達を行っています。お取引先様に対しては、有害物質を含まない製品の調達を目的とした覚書の締結と不含有保証書の資料の提出をお願いしています。
調達方針は、RoHS指令を基に確立し、2006年下半期以降の新規開発商品より対応しています。

日頃の感謝を伝える商談会

当社グループは、年に1回、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・沖縄の6会場で新製品企画商談会を開催し、新商品の発表を行っています。商品が完成するまでに関わっていただいたお取引先に感謝の気持ちを込めて約300社を招待しています。
当社の商品は、多くのお取引先と一緒につくり上げています。より良い商品の提供に向けて、これからもお取引先に対する感謝の姿勢を大切にしていきます。
※ 2020年11月期、2021年11月期は開催を自粛しています。

商談会にお取引先様を招待し、日頃の感謝をお伝えする
商談会にお取引先様を招待し、日頃の感謝をお伝えする