象印 ZOJIRUSHI

株主・投資家

方針と基本的な考え方

象印マホービングループは、当社グループの状況を正しく理解していただくために、金融商品取引法等の関係法令、当社が上場している東京証券取引所の定める適時開示規則を遵守するとともに当社を理解していただく上で有用な情報についても、適時適切な開示を行っています。

株主・投資家の皆様とのコミュニケーション

株主総会

定時株主総会においては、当社の経営方針や事業内容について理解を深めていただけるよう、映像やナレーションを用いて分かりやすく報告しています。
また、議決権の行使にあたっては、インターネットからの行使も可能とするなど、議決権行使の環境整備に努めています。

株主総会
株主総会

株主アンケート

当社では、株主の皆様を対象としたアンケートを実施し、さまざまなご意見をいただいています。いただいたアンケート結果については、役員にも報告されることで、経営へのフィードバックを図っています。
また、定期的に当社よりお送りする株主通信においてもアンケート結果の一部を記載することで、株主様への報告を行っています。

機関投資家向け決算説明会

当社では、機関投資家の皆様を対象とした決算説明会を開催しています。
説明会では決算概要や中期経営計画などを説明するとともに、投資家からの質問にお答えしています。
また、投資家や証券アナリストの方からの問い合わせについては、個別面談や電話取材といった形で、誠意を持って対応しています。

配当政策

配当の基本方針

当社は、株主の皆様への利益還元を重要政策の一つであると考えており、 企業基盤の強化ならびに将来の事業展開のための内部留保や収益見通しなどを総合的に勘案し、安定的な成果の配分を行うことを基本方針としています。

なお、2021年11月期の年間配当金については、1株当たり34円を実施しました。

1株あたり配当金推移