象印 ZOJIRUSHI

ワークライフバランスの実現に向けて

象印マホービンは、従業員のワークライフバランスの実現に向けて、子どもを持つ従業員が安心して仕事と育児を両立できる職場環境の整備を行っています。

次世代育成支援対策推進法 認定マーク(愛称『くるみん』)取得

2012年認定マーク 『次世代育成支援対策推進法』に基づく、行動計画(平成22年4月1日~平成24年3月31日)を策定・実施し、この度(平成24年8月2日付)で、認定マーク(通称『くるみん』)を取得しました。

次世代育成支援対策推進法に基づく【行動計画書】

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のような行動計画を策定する

  1. 計画期間平成28年5月21日から平成32年5月20日まで(4年間)
  2. 内容
    目標1
    計画期間内に、男性社員1人以上の育児休業取得すること
    <対策>
    改めて男性社員も育児休業を取得できることを周知するため社内通知を行う。
    対象者(出産報告のあった男性社員)に対して、その都度、育児休業規定の説明を行い取得推進を行う。
    目標2
    年次有給休暇の取得日数を1人当たり、付与日数の60%以上とする。
    <対策>
    毎年8月 週休協議会(労使協議会)で有給休暇取得状況の把握を行い、取得推進の意義を労使で共有する。
    毎年9月 協議会終了後、部門長へ自部門の有給休暇取得状況の連絡と付与日数60%取得推進依頼を行う。
    半年ごと(6月,12月) 部門長へ自部門の有給取得状況を連絡し、取得できていない人に指導を行う。

以 上