象印 ZOJIRUSHI

会社概要

ごあいさつ

象印のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

当社は、1918年、1本のガラスのマホービンから出発しました。それは、「真空断熱」という、当時のハイテク技術を結集した家庭用品でした。以来、その時々の先端技術を結集しつつ、「快適で、便利で、もっとゆたかな暮らしを」という願いを商品開発に活かしてまいりました。そして、「生活者の視点に立ち、生活実感を大切に考える。そして心から喜ばれる商品開発を進める。」という当社のモノづくりの原点は、創業から今日に至るまで変わることのないコンセプトとして定着しております。

現在では、炊飯ジャー・電気ポットなどの多種多様な 「調理家電」商品、ガラス・ステンレスマホービンを中心とした 「リビング」商品に加え、空気清浄機や加湿器などの 「生活家電」商品にも取り組むことにより、みなさまの暮らしをバックアップしております。さらに、独自の真空断熱技術や温度コントロール技術の応用により、産業用分野においても、省エネ性、利便性を追求した独自の展開を積極的に進めております。

さて当社では、コーポレートスローガンに『日常生活発想』を掲げております。これは、家庭での日常生活に「こんなものがあればもっと楽しい、もっと満足できる」といったご要望、たとえば誰もが安心して、やさしく、簡単に使えるといったごく普通の日常感覚に確実に応えていくという、象印の基本姿勢をあらわしたものです。そして、この『日常生活発想』というスローガンを、商品開発から営業活動、さらにはお客様へのアフターフォローの現場まで一貫した指針とし、全社一丸となり取り組んでまいります。

これからも、人へのやさしさ、使い心地といった感性を満足させる先端技術をさらに活用し、多くのお客様に共感していただける暮らしの品々をお届けしてまいります。

代表取締役社長 市川典男
代表取締役社長  市川典男