象印 ZOJIRUSHI

会社概要

あゆみ

電気ポット新発売
1980年(昭和55年)

電気エアーポット「押すだけ」

電気エアーポット「押すだけ」

エアーポットの世界にも、電子ジャーと同じように家電メーカーが電気式で参入してくるのは明らかであった。したがって機先を制して先に発売することによって、先発メーカーとしての利益を確保すべきであると考えられたが、業界の一部では、ガラスのポットと食い合いになることを危惧する声もあった。 しかし、市川重幸社長はこの声を押し切り、電気エアーポットを開発することによって、ポットを魔法瓶メーカーの商品範疇にすべきだという観点から、これを開発して先発メーカーになることを決断し、その開発を推進した。

「湯わかし」と「保温」の二つの機能を謳い文句に、昭和55年6月「電気エアーポットCW型 押すだけ」が発表された。テレビCMも「このポット、タネもシカケもありまーすです」「実はお湯がわかせるんです」「お湯がわいたら、もちろんそのまま保温」と商品説明を進めるもので、現代家庭用品である点を訴求した。