象印 ZOJIRUSHI

アートコーディネーター 佐藤 拓さん
  • アートコーディネーター 佐藤 拓さん
  • ステンレスタンブラー
  • ステンレスタンブラー
  • ステンレスタンブラー
  • ステンレスタンブラー
  • ステンレスタンブラー

Vol.9

ステンレスタンブラー

ハイボールの氷が、朝方まで残っていてびっくりしました。

アートコーディネーター佐藤 拓

東京・表参道の自宅でオフの日を過ごす佐藤拓さん。
大学では坂茂氏の研究室で建築を学び、卒業後はデザイン会社やスポーツ団体に勤務したというユニークな経歴の持ち主だ。
休みとはいえダイニングテーブルでPCを開き、かたわらにはステンレスタンブラーが。

ステンレスタンブラー

「僕も妻も料理をするので、テーブルとキッチンを行ったり来たりしながらお酒を飲むことが多いですね。このタンブラーだと500mlのビールがちょうど入って、最後まで冷たいまま楽しめるのがすごくて、気に入っています。ハイボールの氷も、朝方まで残っていたことがあってびっくりしました」

ステンレスタンブラー

真空2重のまほうびん構造が、冷たい飲み物は結露を防ぎ、温かい飲み物は外側を熱くさせず、それぞれの温度を長時間保つ。飲み口の口当たりもなめらかでやさしい。

ステンレスタンブラー

「熱い飲み物にもよさそうですね。料理中にガスコンロの横に置いても、ビールがぬるくならないのもいいですよ。もう、普通のグラスには戻れないですね」

忙しい毎日に、ふと使う喜びや驚きをもたらしてくれる。使う人の気持ちで作られた象印の道具だからこそ得られる心地よさがそこにはある。

ステンレスタンブラー

ステンレス真空2重のまほうびん構造で保冷・保温力が高いから、飲み物の温度を長時間キープ。内面がマット仕上げのため、キズや水跡が目立ちにくいのもうれしい。

PRODUCT

Taku Sato

PARCEL

アートコーディネーター。デザイン会社~競技団体勤務、ギャラリー「CLEAR EDITION」ディレクターを経て独立。2019年から東京・馬喰町のギャラリー「PARCEL」を高須咲恵(SIDECORE)と共に運営。

photo_Tetsuya Ito
text & edit_Akio Mitomi

top