知る・楽しむ / 生活に役立つ情報やまほうびんの秘密など、知って楽しめるコンテンツをご覧いただけます。

「2008年正月3が日の食事」に関する調査
調査項目
今年最初の食事は「家族全員揃っていた」が9割
・しかしながら、回答者の子供の頃は97.4%も
元旦の最初の食事風景、3人に2人(66.4%)が「変わった」
・“おせち料理”を「食べない」(15.2%)、「少なくなった」(9.2%)、「市販品を買うようになった」(9.2%)、「普段の料理と変わらない」(5.0%)
・3が日の食事回数は3日間で7.8回
正月3が日にかけた食費は、一人当たり首都圏で6,336円、京阪神は5,688円
・首都圏の仕事をもつ主婦の家庭では、一人あたり7,376円
・3が日の3日間にかけた食費、3割が「普段と変わらなかった」
・3が日の3日間にかけた食費が増えた家庭では、平均で「普段の2.6倍」
個々の料理について
調査の実施概要
※首都圏、並びに京阪神の主婦500人を対象に、今年(2008年)の正月3が日の食事に関する調査

主な調査結果

■ 新年初日(元旦)の食卓
今年最初の食事は「家族全員揃っていた」が、9割(89.4%)
しかしながら、回答者の子供の頃は97.4%も

新年を迎え、その年の最初の食事時に、家族全員が揃った家庭は、「自宅に家族全員が揃っていた」(65.4%)、「自宅以外だが家族全員が揃っていた」(24.0%)を合わせ、約9割となっています。しかしながら、回答者の子供の頃の様子を聞いてみると、97.4%の人が「家族全員が揃っていた」と答えています(「必ず揃っていた(87.6%)」「揃うことが多かった(9.8%)」)の計)。
イラスト

あなたの家庭では、今年の元旦(2008年1月1日)の最初の食事の時に、家族全員が揃っていましたか。
  首都圏 京阪神 合 計
自宅で家族全員が揃っていた 159 63.6% 168 67.2% 327 65.4%
自宅以外だが家族全員が揃っていた 67 26.8% 53 21.2% 120 24.0%
家族全員は揃わなかった 24 9.6% 29 11.6% 53 10.6%

「家族全員は揃わなかった」家庭で、いなかった人はどなたで、その理由は何ですか。
いなかった人 合計 首都圏 京阪神
19 8 (理由)   (理由)
夫の実家へ帰省 4 仕事 10
外出 2 他の家族が帰省 1
仕事 1    
海外旅行 1    
子供 12 4 (理由)   (理由)
旅行 2 仕事・アルバイト 4
外出 1 外出 3
仕事・アルバイト 1 病気 1
9 5 (理由)   (理由)
仕事 3 仕事 3
帰省(出産準備) 1 帰省(出産準備) 1
入院 1    
その他 11 8    3   

あなたの子供の頃の元旦の最初の食事の時に、家族全員が揃っていましたか。
  首都圏 京阪神 合 計
子供の頃は、必ず家族全員が揃っていた 216 86.4% 222 88.8% 438 87.6%
子供の頃は、家族全員が揃うことが多かった 26 10.4% 23 9.2% 49 9.8%
子供の頃は、家族全員が揃うことが少なかった 8 3.2% 5 2.0% 13 2.6%

ページトップへ
3人に2人(66.4%)が「(最近の)元旦の最初の食事の様子は子供の頃と変わった」
“おせち料理”は「食べない」(15.2%)、「少なくなった」(9.2%)、「市販品を買うようになった」 (9.2%)」  「普段の料理と変わらない」(5.0.%)


子供の頃に比べて、元旦の最初の食事の様子が「変わった」と答えた人は66.4%、3人に2人が感じているようです。「おせち料理を食べなく(用意しなく)なった」(15.2%)、「少なくなった」(9.2%)、「市販のものを買う」(9.2%)をはじめ、料理も「普段と変わらない」(5.0%)と、食卓に正月らしさが失われている家庭も見受けられます。
あなたの子供の頃と比べて、元旦の最初の食事の様子は変わりましたか。
  首都圏 京阪神 合 計
変わった 163 65.2% 169 67.6% 332 66.4%
変わらない 87 34.8% 81 32.4% 168 33.6%

具体的にはどんなところが変わったと思いますか。(複数回答)
  合計 首都圏 京阪神
〈1〉 おせち料理を食べなく(用意しなく)なった 76 15.2% 40(16.0%) 〈1〉 36(14.4%) 〈1〉
〈2〉 おせち料理が少なくなった 46 9.2% 23(9.2%) 〈3〉 23(9.2%) 〈2〉
おせちは市販のものを買うようになった 46 9.2% 25(10.0%) 〈2〉 21(8.4%) 〈3〉
〈4〉 (料理が)普段と変わらなくなった 25 5.0% 7(2.8%) (6) 18(7.2%) 〈4〉
〈5〉 家族構成が変わり、雰囲気も食事も変わった 21 4.2% 12(4.8%) 〈4〉 9(3.6%) 〈5〉
〈6〉 人数が少なくなった(昔は賑やかだった) 16 3.2% 9(3.6%) 〈5〉 7(2.8%) 〈6〉
〈7〉 お屠蘇を出さなく(飲まなく)なった 13 2.6% 7(2.8%) 〈6〉 6(2.4%) 〈8〉
〈8〉 家族全員が揃うことがなくなった 11 2.2% 4(1.6%) (9) 7(2.8%) (6)
〈9〉 保存食の必要性がなくなった(店が営業) 10 2.0% 5(2.0%) 〈8〉 5(2.0%) 〈9〉
〈10〉 料理が変わった 7 1.4% 4(1.6%) 〈9〉 3(1.2%) 〈13〉
〈11〉 おもち、雑煮を食べなく(用意しなく)なった 6 1.2% 2(0.8%)   4(1.6%) 〈10〉
〈12〉 外出するようになった 5 1.0% 1(0.4%)   4(1.6%) 〈10〉
朝(食事)が遅くなった 5 1.0% 2(0.4%)   3(1.2%) 〈13〉
おせちを重箱に詰めなくなった 5 1.0% 3(1.2%) 〈11〉 2(0.8%)  
〈15〉 正月らしくなくなった(昔は豪華だった) 4 0.8% 3(1.2%) 〈11〉 1(0.4%)  
料理が洋風になった 4 0.8% 2(0.8%)   2(0.8%)  
ぜいたくになった 4 0.8% 1(0.4%)   3(1.2%) 〈13〉
座敷からダイニングキッチン(椅子)になった 4 0.8% 2(0.8%)   2(0.8%)  
実家に帰るようになった 4 0.8% 0(0.0%)   4(1.6%) 〈10〉

正月3が日の食事回数は3日間で7.8回

あなたの家庭では、今年の正月3が日(3日間)の食事は、「自宅」「実家・親戚の家」「友人・知人の家」「飲食店などでの外食」、それぞれ何回でしたか。
  首都圏 京阪神 合 計
自宅 4.8回 4.8回 4.8回
実家・親戚の家 2.0回 1.9回 1.9回
友人・知人の家 0.1回 0.1回 0.1回
飲食店などでの外食 1.1回 0.9回 1.0回
合計 8.0回 7.7回 7.8回
ページトップへ
■ 正月3が日の食費
正月3が日にかけた食費は、一人当たり首都圏で6,336円、京阪神は5,688円
首都圏の仕事をもつ主婦の家庭では、一人あたり7,376円


今年の正月3が日の3日間に、おせち料理、外食などにかけた食費・食事代を聞いたところ、首都圏の主婦の平均は17,526円、京阪神の主婦は18,021円。この数字を個々の家族の人数で割って、一人当たりの金額を算出してみると、首都圏では一人当たり6,336円、京阪神は一人当たり5,638円となりました。
また、専業主婦の家庭と、仕事を持つ主婦の家庭を比較してみると、首都圏と京阪神を合わせた全体では専業主婦の家庭が一人当たり5,378円だったのに対し、仕事をもつ主婦の家庭では、6,638円と約1,500円の違いがでており、特に、首都圏の家庭では、専業主婦家庭が一人当たり5,260円に対し、有職主婦家庭では7,376円と、さらに差が広がっています。
イラスト
あなたの家庭では、今年の正月3が日の3日間の食費(外食を含む)は合計でいくら位でしたか。
<平均金額> ※食費・食事代「0円」回答者を除いた平均
  首都圏(n=232) 京阪神(n=234) 合 計(n=466)
  17,526円 18,021円 17,774円
家族数で割った一人当たり @6,336円 @5,688円 @6,011円
一人当たりの食費・食事代上位
首都圏:@50,000円(2件)、@30,000円(1件)、@25,000円(6件)
京阪神:@50,000円(1件)、@40,000円(1件)、@33,333円(1件)、@25,000円(1件)

専業主婦/有職主婦(パートを含む)の比較
首都圏 京阪神 合 計
専業主婦   15,504円 17,897円 16,721円
一人当たり @5,260円 @5,493円 @5,378円
有職主婦   19,479円 18,147円 18,818円
一人当たり @7,376円 @5,887円 @6,638円

家庭あたりの合計額の分布
  首都圏(n=247) 京阪神(n=249) 合 計(n=496)
0円 15 6.1% 15 6.0% 30 6.0%
1円以上〜1,000円未満 2 0.7% 0 0.0% 2 0.4%
1,000円以上〜2,500円未満 10 3.4% 22 8.8% 32 6.5%
2,500円以上〜5,000円未満 24 8.1% 21 8.4% 45 9.1%
5,000円以上〜10,000円未満 41 13.8% 39 15.7% 80 16.1%
10,000円以上〜15,000円未満 45 15.2% 45 18.1% 90 18.1%
15,000円以上〜20,000円未満 14 4.7% 12 4.8% 26 5.2%
20,000円以上〜25,000円未満 40 13.5% 35 14.1% 75 15.1%
25,000円以上〜30,000円未満 8 2.7% 3 1.2% 11 2.2%
30,000円以上〜35,000円未満 20 6.7% 34 13.7% 54 10.9%
35,000円以上〜50,000円未満 10 3.4% 6 2.4% 16 3.2%
50,000円以上〜100,000円未満 16 5.4% 13 5.2% 29 5.8%
100,000円以上 2 0.7% 4 1.6% 6 1.2%
食費・食事代上位
首都圏:100,000円(2件)/京阪神:150,000円(1件)、100,000円(3件)

正月3が日の食費は、「普段より多かった」が7割以上、3割が「普段と変わらない」
増えた家庭では、普段の食費の2.6倍


今年の正月3が日の3日間の食費を、普段の週末を含む3日間と比較してもらったところ、「普段より多かった」が72.0%。「変わらなかった」15.0%。一方、減少派は10.8%(「普段よりやや少なかった」3.0%、「かなり少なかった」7.8%)となっています。
“増えた”と回答の家庭の増加率は平均で2.6倍。「3倍以上」と答えた家庭は38%、「10倍以上」との回答も6人(1.2%)います。
今年の正月3が日(3日間)の食費は、普段の週末を含む3日間の食費(外食を含む)と比べてどうでしたか。
  首都圏 京阪神 合 計
普段より多かった 73.6% 184 70.4% 176 72.0% 360
(内訳)普段の約2〜3割増 19.6% 49 20.4% 51 20.0% 100
    普段の約5割増 10.0% 25 14.0% 35 12.0% 60
    普段の約2倍 15.2% 38 9.6% 24 12.4% 62
    普段の約3倍 14.4% 36 10.8% 27 12.6% 63
    普段の約4〜5倍 11.2% 28 13.6% 34 12.4% 62
    普段の6倍以上 3.2% 8 2.0% 5 2.6% 13
6倍:2(首都圏1、京阪神1)、7倍:3人(首都圏1、京阪神2)
8倍:2(首都圏2)、10倍:5(首都圏4、京阪神1)、11倍:1(京阪神1)
普段と変わらなかった 15.6% 39 14.4% 36 15.0% 75
普段よりやや少なかった 1.6% 4 4.4% 11 3.0% 15
普段よりかなり少なかった 7.2% 18 8.4% 21 7.8% 39
その他 2.0% 5 2.4% 6 2.2% 11
実家で食べたのでゼロ:8(首都圏4、京阪神4)、
仕事だったので社食:1(京阪神1)、分からない:1(京阪神1)

※普段の3日間の食事と比較して増加した家庭の増加率の平均
  首都圏 京阪神 合 計
専業主婦 2.7倍 2.4倍 2.5倍
有職主婦 2.5倍 2.6倍 2.6倍
合 計 2.6倍 2.5倍 2.6倍
ページトップへ
■ 個々の料理について
食べたかったけど、食べられなかったのは「雑煮」

今年の正月に食べたかったけど、食べられなかった料理の1位は、首都圏、京阪神共に「雑煮」と答えています。理由は、『帰省先の実家では出なかった』、『旅行』や、『作る暇がなかった』『家族が雑煮を嫌い』『夫が外国人なので』を上げています。2位の「カニ」は、『夫がカニアレルギーなので、自分だけ食べるのは悪いと思った』『年末に風邪を引いてしまい、アメ横など買出しに行けなかった』となっています。
その他に、「おせち」は『作るのがめんどう』『市販のおせちは高いので買わなかった』、もちは『実家に帰らなかったので、貰うことができなかった』などが上げられています。
イラスト
あなたの家庭では、今年の正月に食べたかったけど、食べられなかった料理はありますか。(複数回答)
合 計 首都圏(同順位) 京阪神(同順位)
(1) 雑煮 22 11(1) 11(1)
(2) カニ 8 6(2) 2(2)
(3) おせち 7 5(3) 2(2)
(4) もち 6 4(4) 2(2)
(5) 寿司 4 2(5) 2(2)
きんとん 4 2(5) 2(2)

おせち、雑煮以外に、わが家の正月の定番料理は、「ある」17.4%、「ない」82.6%

元旦の最初の食事に、一般的なおせち・雑煮以外に、必ず食卓に出す“わが家の正月の定番料理”を聞いたところ、「ある」の家庭は17.4%でした。

あなたの家庭では、元旦の最初の食事に、一般的なおせち料理・雑煮以外に、必ず食卓に出す“わが家の正月の定番料理”はありますか。
おせち、雑煮以外に・・・ 首都圏 京阪神 合 計
わが家の正月の定番料理がある 40 16.0% 47 18.8% 87 17.4%
わが家の正月の定番料理はない 210 84.0% 203 81.2% 413 82.6%

「ある」と回答した方へ
それは何ですか
    合 計 首都圏 京阪神
(1) 刺身 17 13 (1) 4 (1)
(2) 寿司 8 4 (2) 4 (1)
 
すき焼き・鍋もの       4  
焼き豚、煮豚   3      
赤飯       2  
ぶり       2  
焼きもち       2  

評判の良かった料理の1位も「雑煮」

今年の正月に食卓に上った料理の中で、評判の良かった料理の1位も「雑煮」を上げています。理由としては、『普段なかなか食べないので』『お正月気分になれる』『主人の家の味どおりに作った』などを上げています。2位の「すき焼き」「鍋もの」では、『普段より、いい肉を使った』『ふぐなど高級な食材だった』が、「きんとん」「黒豆」などは、『手作りで甘さを抑えたのがよかった』となっています。
あなたの家庭で、今年の正月に食卓に上った料理の中で、評判の良かった料理はありますか。(複数回答)
    合 計 首都圏(同順位) 京阪神(同順位)
(1) 雑煮 60 37(1) 23(1)
(2) すき焼き、鍋もの 27 6(8) 21(2)
(3) きんとん 21 13(2) 8(5)
(4) カニ 20 11(4) 9(3)
煮物、煮しめ 20 12(3) 8(5)
(6) 黒豆 16 7(6) 9(3)
(7) 焼き豚、煮豚 11 8(5) 3( )
11 3( ) 8(5)
(9) 数の子 10 4( ) 6(9)
(10) 寿司 9 6(8) 3( )
まぐろ(トロ) 9 7(6) 2( )
伊達巻 9 5( ) 4( )
(13) 八幡巻 8 4( ) 4( )
ぶり 8 0( ) 8(5)

評判の悪かった料理は・・・

逆に、今年の正月に食卓に上った料理の中で、評判の悪かった良かった料理をあげてもらったところ、「煮物」や「煮しめ」が上げられました。理由としては、『冷凍物だったので水っぽく美味しくなかった』『味が濃すぎた』『色合いが悪かった』など。また、「おせち」は『付き合いで購入したが美味しくなかった』、「数の子」は『安物を買ったら美味しくなかった』『味が染みていなかった』、「ごまめ(田作り)」や「きんとん」は『ただ甘いだけの料理』という回答もあります。
あなたの家庭で、今年の正月に食卓に上った料理の中で、評判の悪かった料理はありますか。(複数回答)
    合 計 首都圏(同順位) 京阪神(同順位)
(1) 煮物、煮しめ 12 5(1) 7(1)
(2) 雑煮 7 4(2) 3(4)
(3)  田作り、ごまめ  6  2(5)  4(3)
 おせち(市販)  6  1( )  5(2)
(5)  昆布巻  4  3(3)  1( )
 数の子  4  2(5)  2(5)
 豆  4  2(5)  2(5)
(8)  きんとん  3  3(3)  0( )
 なます  3  2(5)  1(5)
 エビ  3  1( )  2( )

ページトップへ
■ 調査の実施概要
1. 調査    首都圏、及び、京阪神在住の25〜50歳の主婦
2. 実施時期  2008年1月4日〜7日
3. 調査方法  インターネット調査(野村総合研究所「True Naviシステム」による)
4. 有効回収数 500サンプル(首都圏:250、京阪神:250)
5. 調査地域  首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、京阪神(大阪府、京都府、兵庫県)


(1)回答者(主婦)の年齢 (2)仕事の有無
25〜29歳 9.6%
30〜34歳 26.6%
35〜39歳 25.0%
40〜44歳 21.8%
45〜50歳 17.0%
専業主婦 50.0%
有職主婦
(パートを含む)
50.0%

(3)居住地 (4)家族の人数 (5)子供の人数
首都圏 東京都 23.2% 50.0%
神奈川県 11.6%
埼玉県 6.8%
千葉県 8.4%
京阪神 大阪府 26.0% 50.0%
京都府 6.8%
兵庫県 17.2%
2人 34.4%
3人 26.6%
4人 28.2%
5人 7.6%
6人 2.6%
7人以上 0.6%
0人 36.2%
1人 27.8%
2人 28.6%
3人 6.6%
4人 0.6%
5人以上 0.2%

※集計上の%は、小数点第2位で四捨五入
ページトップへ