みんなで考えた作戦でチャレンジしよう!

ゲームの時間

「夢の教室」前半35分はゲームの時間。はじめに、夢先生の藤岡さんがみんなの前でボクシングのミット打ちを実演してくれました。藤岡さんのパンチの速さに子どもたちもびっくりした様子で、驚きの声が上がりました。その後、クラスで1つのチームになって取り組む課題にチャレンジ。アシスタントの小林さんから難しい課題が与えられましたが、藤岡さんと一緒に作戦を考えて見事クリアすることができました。
ゲームの時間の最後には藤岡さんから「みんなと作戦を考えながら取り組むことは楽しいよね。これからもみんなで協力しあって頑張ろう!」とアドバイスがありました。

  • ゲームの時間
  • ゲームの時間
  • ゲームの時間

みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!
ゲームの時間のあと、
みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!
みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました! みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました! みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました! みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!

大好きだったソフトボールに打ち込んだ学生時代

「夢の教室」後半55分はトークの時間。藤岡さんのこれまでの体験談を聞いたり、みんなの夢について一緒になって考えました。
宮城県出身の藤岡さんは、小さい頃はとにかく元気で身体を動かすことが大好きでした。特にキャッチボールが大好きで、休日はよくお父さんと公園に出かけていたそうです。中学校入学時は、迷わずソフトボール部に入部し練習に励みました。ソフトボール選手として成長を続ける藤岡さんは、高校入学時には実業団からのオファーを受け、よりハイレベルな環境でプレーするようになりました。高校卒業後は実業団の会社で毎朝8時から夕方まで働いた後、ナイターで練習を行うハードな毎日。それでも大好きな競技をプレーできることに喜びを感じ、一生懸命練習に打ち込むことができました。ちょうどその頃、ソフトボールが正式にオリンピック競技に認定されました。そのことを知った藤岡さんは、「この競技でいつかオリンピックのような大きな舞台に立ってみたい。」と、初めて大きな夢を持つようになりました。

トークの時間

悔しさを糧に努力すれば、きっと喜びにつながる。

その後、藤岡さんは球団のキャプテンに任命されましたが、ある日ミスを犯してしまい、当時の社長から「君の代わりはいくらでもいる。」と、辛い言葉をかけられました。これまで積み重ねてきた努力や練習の日々が、その一言ですべて崩れ去るような気がして、とてもショックでした。そして、「自分の代わりがいくらでもいるのなら、この競技を続けていても仕方がない。私にしかできないことをやってみたい。」と、藤岡さんは新しいチャレンジを探すようになりました。
ある日近所のアマチュアボクシングジムの看板を目にして「これだ!」と思った藤岡さんは、早速ジムに通いはじめました。最初は公民館の場所を借りて作られたジムで、リングがなく、サンドバックも1つしかない環境からのスタートでした。1日2時間、週3回の練習と、ソフトボール時代と比べて地味な内容。しかも周りのメンバーはみんな男性で、毎日負け続けて悔しい思いをしました。それでも「なんでもいいから、一番になりたい。」その一心で練習に励みました。そして初の公式戦、地元宮城県では女性のボクシング選手が少なく、藤岡さんはなんといきなり全国大会でデビュー戦を迎えることになりました。強敵を相手に初めて立つリング。ゴングを聞くと、藤岡さんは無我夢中でパンチを繰り出し、あっという間に相手を倒してしまいました。今まで味わったことのない爽快感に、藤岡さんは一層ボクシングの魅力に引き込まれました。ソフトボール時代には辛い経験をしましたが、それを糧にチャレンジを続けることで、今回の初勝利のような喜びを味わうことができたのです。

  • トークの時間
  • トークの時間
  • トークの時間

誰にもできない、自分だけの目標にチャレンジしよう!

それから10年もの間練習に打ち込んだ藤岡さんは、33歳でプロテストを受けることになりました。通常のプロテストの年齢制限は32歳まででしたが、アマチュアでの努力が認められ、チャンスが与えられたのです。プロテストは東京で行われるため、仕事を辞めて地元を離れる決心が必要でした。「人生は一度きりだから、試しにやってみよう」と、藤岡さんは心配する家族や友人の反対を押し切り、単身東京へ向かいました。プロテストには無事合格。デビュー戦から3戦連続で勝利を収めた藤岡さんを見て、ジムスタッフも「もしかしたら世界を狙える逸材かもしれない。」と、藤岡さんに対して次第に期待を抱きはじめ、世界戦が組まれることになりました。
しかし、藤岡さんが計量を終えてジムに帰る途中、東日本大震災が発生し世界戦は5月に延期されることになりました。宮城の実家のことがとても心配で、何度も地元へ帰りたいと思いました。しかし、ようやく連絡がとれた家族からは、「今は大変だけど、あなたの試合を見るのが楽しみで、励みになるんだよ。」と応援の言葉をかけられ、世界戦を終えるまでは東京で頑張ることを決めました。「絶対にチャンピオンになって帰ろう。みんなを勇気づけよう。」という強い気持ちで、藤岡さんは最後まで練習に取り組み続けました。そして迎えた世界戦。メキシコのチャンピオンを相手に2ダウンを奪った藤岡さんは、見事世界チャンピオンに輝き、そのことを地元の家族や友人に報告することができました。そして、「もっと女子ボクシングのことを知ってもらいたい。」藤岡さんはそう思ってチャレンジを続けました。その結果、初の防衛戦に勝利してからも勝ち続け、2017年にはなんと5階級制覇を達成したのです。自分にしかできないことを常に目指す藤岡さんだからこそ、前人未到の金字塔を打ち立てることができたのです。
「トークの時間」の最後には、「みんなそれぞれ自分にしかできないことや夢があると思うけど、それに誇りを持ってかっこいい大人を目指すんだよ。」と、藤岡さんから子どもたちにメッセージが送られました。

  • 集合写真
  • 集合写真