力を合わせてゲームにチャレンジ!

ゲームの時間

「夢の教室」前半35分はゲームの時間。ゲームが始まる前には、アシスタントの川邉さんから水分塩分補給の大切さについてお話がありました。
その後、クラスで1つのチームになって協力して取り組む「だるまさんが転んだ」にチャレンジ。クリアを重ねるごとにゲームは難しくなりましたが、目が見えない落合さんをクラスみんなで支えてあげるなどチーム一丸となって取り組んだ結果、見事クリアすることができました。
ゲームの時間の最後には、落合さんから「みんなの協力のおかげで先生も全力で取り組むことができたよ。ありがとう!これからも仲間を助け合う気持ちを大切にね!」とアドバイスがありました。

  • ゲームの時間
  • ゲームの時間
  • ゲームの時間

みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!
ゲームの時間のあと、
みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!
みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました! みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました! みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました! みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!

サッカー日本代表が夢だった小学校時代

「夢の教室」後半55分はトークの時間。落合さんのこれまでの体験談を聞いたり、みんなの夢について一緒になって考えました。トークの時間の最初には、ニュース番組でブラインドサッカーが取り上げられた時の映像が紹介され、目が見えない状況でも見事なシュートを決める落合さんの姿に驚きの声が上がりました。

落合さんは小学1年生の時、アニメ「キャプテン翼」を見たのがきっかけでサッカーに出会いました。かっこよくて人気者の主人公に憧れ、サッカー選手になることを夢見るようになりました。当時、国内にはプロリーグがなかったため、プロサッカー選手になるには、日本代表としてプレーできるレベルが必要でした。毎日暗くなるまで練習に打ち込みましたが、最初はなかなか試合に出ることはできませんでした。そこで、落合さんはどうしたら試合に出られるかを考えて逆足の左足でボールを扱う練習に取り組みました。当時のチームメイトは全員右利きで、左足が得意となった落合さんは周囲のメンバーからも認められるようになり、出場機会も増えるようになったそうです。

トークの時間

目の病気を発症、いくつもの夢をあきらめた

しかし、落合さんは高学年になると、暗いところで目が見えなくなったり、色の区別ができなくなる症状を感じるようになりました。中学校に進学しサッカー部の練習に参加すると、速い動きに目が付いていかず、夕方になるとボールが見えない程になりました。思うようにプレーできなくなった落合さんは、サッカー日本代表の夢を諦めなければならず、本当に悔しい思いを抱きました。その後、先輩の勧めで柔道部に入部したり、高校では寿司屋のアルバイトをはじめて寿司職人になることを目指したりしましたが、いずれも目が不自由なことが理由で諦めざるをえなかったそうです。

そして高校三年生の冬、朝起きると目の前が真っ白になっていました。ついに目が完全に見えなくなってしまったのです。これからどうやって生きていけばいいのか、何を目指せばいいのかわからず、落合さんはこの先の人生に対して、不安な気持ちでいっぱいでした。それでも、周りには落合さんのことをずっと気にかけて近くで支えてくれる家族や、たくさんの仲間がいました。辛い時に優しく声をかけてくれたお母さんのおかげで、落合さんは盲学校に行くことを決意することができました。盲学校進学後には、針きゅうやマッサージについて学びはじめ、充実した生活を送ることができるようになりました。

  • トークの時間
  • トークの時間
  • トークの時間

夢に向かって努力し、不安に打ち勝つこと

落合さんは25歳の時、友達の誘いでブラインドサッカーのチーム練習に参加しました。小さい頃大好きだったサッカーに比べ、ボールを見ずにドリブルやシュートをすることはとても難しく、最初は楽しくありませんでした。それでも、人数合わせのつもりで参加した2か月後の試合では、偶然見学に来ていた日本代表の監督に動きの良さを見込まれ、なんといきなり日本代表選考合宿に選出されることになりました。突然の代表選出に戸惑いながらも、落合さんは代表に選ばれなかった人の思いや、応援してくれる人の期待を背負い、一生懸命練習しようと思いました。

当時横浜に住んでいた落合さんは、ブラインドサッカーの強豪だった大阪に引っ越し、毎日練習を繰り返しました。徐々にできなかったことができるようになっていく中で、落合さんの心に変化が起きました。それは、杖をもって歩くのが嫌だった気持ちが無くなり、自信をもって堂々と歩けるようになったことです。日本代表に選ばれたことで感じた誇りのおかげで、目が見えなくなった自分を受け入れることができるようになりました。落合さんは、サッカー日本代表になるという夢を、少し遠回りして叶えることができました。そして現在は、ケガで離れている日本代表に復帰して、2020年のパラリンピック東京大会に出場することを次の目標に、今できることは何かを常に考えているそうです。

トークの時間の最後には、「どんなことにもチャレンジすることが大切だよ。努力は自信につながるから、夢に向かって一生懸命頑張って、不安や緊張を乗り越えよう。応援してるよ!」というメッセージが落合さんから子どもたちへ送られました。

  • 集合写真
  • 集合写真