みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!
みんなで冷たいスポーツドリンクを飲みました!

授業のはじめに、モニターの向こうの夢先生の滝田さん、アシスタントの久光さんと一緒に
クイズで盛り上がった後は、熱中症予防の大切さについて学びました。

最初に持った「夢のようなもの」は、Jリーグの選手

今回の夢先生、滝田さんはフットサルの選手。授業の初めに、今も持ち続けている夢を教えてくれました。それは、「フットサルのワールドカップに出場して結果を出すこと」。

滝田さんが最初に始めたのはフットサルではなく、幼稚園の時のサッカーでした。当時、いじめられて、落ち込んで、ご飯も食べられないくらい苦しかった滝田さんは、やり返したい気持ちをおさえて、サッカーを始めることにしました。それは、いじめてきた子たちが楽しそうにサッカーをして遊んでいるのを見て仲間に入ろうと考えたからです。勇気を出してサッカーを始めることでいじめはなくなり、サッカーも楽しくなってきました。この時、滝田さんに初めて夢のようなものができました。それは、「Jリーグの選手みたいになりたい。」というものです。そして滝田さんは、向上心を持ってサッカーの練習に取り組むようになります。

滝田さんは、小学校4年生の時にフットサルにも出会います。サッカーでJリーグ選手を目指していた滝田さんは、他の人と同じことをしているだけではだめだと考え、違う事にも取り組もうとフットサルを始めました。サッカーの練習の補助と思っていたフットサルでしたが、初めから信じられないくらい楽しく、滝田さんはサッカーもフットサルも両方がんばっていくことに決めました。このころの滝田さんの目標は、神奈川県川崎市の小学校のサッカー大会で優勝すること。そして、6年生の時に滝田さんが最も大切に考えていた小学校最後の大会で目標を達成することができました。毎日いろんなことを考えながら練習してきた、その努力の結果が優勝という形になり滝田さんはとてもうれしかったそうです。

トークの時間

中学・高校の6年間で、「フットサル選手」というはっきりとした夢に変わった!

中学・高校は6年間一貫校に通学することになった滝田さん。サッカーはそれほど強くない学校でしたが、その中でも活躍したいと夢に向かってがんばっていました。しかし、滝田さんは6年間、試合に出られないばかりでなく、出場資格のある登録メンバーにも選ばれませんでした。それでも滝田さんは、あきらめることなくがんばり続けます。それは、お母さんと仲間の助けがあったからです。とても厳しいお母さんだったそうですが、サッカーをする滝田さんを応援し、試合に出られなくもずっと見てくれていました。そして、「今の努力は間違いじゃないから続けなさい。」と言ってくれました。滝田さんの仲間も、当時の監督に「なぜ滝田を試合に出さないのか」と言いに行ってくれました。滝田さんは信頼するお母さんのためにも、チームの仲間のためにもがんばろうと思い、サッカーを続けることができました。

このころの滝田さんはサッカーとフットサル、どちらも好きだったので両方がんばっていましたが、サッカーに重きを置いていました。しかし、滝田さんは、この中学・高校の間に、サッカーよりもフットサルが好きだという気持ちの変化に気づきます。そして、高校在学中にフットサルの「全国」リーグであるFリーグができることを知り、フットサル選手になりたいと思うようになります。小学校の時に、がんばって努力することで優勝という目標の達成を経験していた滝田さんは、「がんばれば夢がかなう」という気持ちを思い出し、フットサル選手という夢に向かっていきます。滝田さんの中で、Jリーグの選手みたいになりたい、というぼんやりとした「夢のようなもの」から、フットサル選手になりたいというしっかりとした夢に変わったのです。結果としてサッカーでは試合に出られませんでしたが、新しい夢に向かってさらに努力をすることができました。

「夢は変わってもいい。」滝田さんの新しい夢はワールドカップ出場

2007年、滝田さんが大学2年の時、ついにFリーグができました。小5のときからずっとフットサルをコツコツやり続けていた滝田さんは、幸運にも最年少でフットサルチームに入団することができました。高校の時から持っていた夢がかなったのです。しかし、滝田さんはここで止まりません。ひとつ夢がかなったら、また新しい夢ができました。それは、フットサルの日本代表になってワールドカップに出る、という夢です。今も持ち続けている滝田さんの夢はこの時に生まれました。ところが、ここから滝田さんは夢に向かって険しい道を歩むことになります。

2009年に日本代表に選ばれた滝田さんは、ワールドカップに向かって自分なりに考え努力を続けます。そして2012年中東ドバイで行われたワールドカップ予選にあたるアジアカップで、中心選手として活躍して優勝します。「これでワールドカップに出場できる!」と思っていたら、なんと日本代表を落選してしまいます。しかし滝田さんはここでもあきらめず、「実力が足りなかっただけで努力は間違っていない」と、もっと努力をして2016年のワールドカップを目指します。

今度は、キャプテンとして臨んだ予選のアジアカップで、過去最強の日本代表チームと言われていたのに予選敗退。負けた相手のベトナムは、これまで負けたことのない国で、この試合に勝っていたらワールドカップに出場できたのです。緊張もあってうまくいかずチームが崩壊してしまったと、滝田さんはキャプテンの責任が果たせなかったことを悔やみました。これまでになく長く落ち込んでしまった滝田さんでしたが、「たとえ失敗しても自分の成長につながる。日本代表にもなれたんだ。努力の仕方、やり方を変えてもう1回がんばろう。」と思い2020年のワールドカップを目指します。

そして2020年、9月にリトアニアで開かれる予定だったワールドカップは、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期になってしまいました。滝田さんも今は日本代表から外れてしまっています。ぐっと落ち込んでもおかしくない状態ですが、ワールドカップはますます大事な夢になっていて、そのために今もがんばっています。その間、滝田さんは、2020年の1月からフットサルの世界最高峰スペインリーグへ移籍、デビュー戦で世界最強といわれるチーム、バルセロナとも戦いました。何事もチャレンジしないとわからないと、34歳で初めて海外リーグに挑戦した滝田さん、スペインリーグでも通用することが証明できました。

滝田さんの夢は、初めの漠然としたものから、今は「フットサルのワールドカップ出場」というはっきりとした夢になりました。競技もサッカーからフットサルに変わりました。授業の最後に滝田さんから「夢は変化してもいい。他の誰かからどう思われるか、ではなく自分がどう思うか、自分が大切だと思える夢をぜひ見つけてほしい。失敗を恐れずにチャレンジしていけば、自分の成長に繋がって夢を育ててくれる。とにかくチャレンジを続けてほしい。」という言葉が送られました。

  • 集合写真
  • 集合写真