象印 ZOJIRUSHI

おいしさの理由は、
かまどの炎のゆらぎにあった。

かまどの炎が激しく燃えている。
大火力の炎がゆれながら釜底に当たり、
部分的な集中加熱を繰り返す。
釜の中に温度差が生まれ、
激しく複雑な対流が起こる。
お米は勢いよく舞い上がり、
一粒一粒までふっくら炊き上げていた。

圧力:重い木ぶたが圧力をかけていた。

釜:ゆらぐ炎の大火力を、釜で受け止めていた。

炎:燃えさかる薪火の炎が、ゆれながら釜底に当たっていた。

一段と激しくゆらぐ※1炎が、お米をより激しく舞い上げる。炎舞炊き

激しく複雑な対流を起こす、象印だけの「4つの底IHヒーター」。

従来※2 の底IHヒーター

従来の加熱方式は、1つの底IHヒーターで内釜全体を加熱していたが、一粒一粒に伝わる熱が弱かった。

炎舞炊き(ローテーションIH構造)

底IHヒーターを4ブロックに分け、対角線上にある2つのヒーターを同時加熱していきます。同時に2カ所加熱するので、より激しい対流でかき混ぜ、高温の熱をお米一粒一粒に伝えます。

※3 中パッパ~沸とう維持工程の単位面積当たりの火力比較 2017年当社従来品NW-AT10型 約3.0W/㎠とNW-PT10型 約6.0W/㎠との比較当社調べ。単位面積当たりの火力算出方法=中ぱっぱ~沸とう維持工程の平均電力(W)÷IHヒーター加熱面積(㎠)×発熱効率(電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定)

ローテーションIH構造を採用した「炎舞炊き」。激しい炎のゆらぎを再現した炊き方で、激しく複雑な対流を起こします。

さらに激しくなった対流でふっくらとした粒感と甘み成分を引き出す。

全体的に炊きムラを抑え、ごはんは大粒でふっくらもちもちに炊き上がります。2カ所同時加熱することで、お米の甘み成分(甘み成分のひとつである還元糖)を引き出し、炊きムラを抑えます。

炎舞炊きシリーズ

  • twitter
  • facebook
  • Instagram

カテゴリ別一覧