象印 ZOJIRUSHI

おいしさの理由は、
かまどの炎のゆらぎにあった。

かまどの炎が激しく燃えている。
大火力の炎がゆれながら釜底に当たり、
部分的な集中加熱を繰り返す。
釜の中に温度差が生まれ、激しく複雑な対流が起こる。
お米は勢いよく舞い上がり、
一粒一粒までふっくら炊き上げていた。

圧力:重い木ぶたが圧力をかけていた。/釜:ゆらぐ炎の大火力を、釜で受け止めていた。/炎:燃えさかる薪火の炎が、ゆれながら釜底に当たっていた。

激しい炎のゆらぎを再現すると、お米が激しく舞い上がる。炎舞炊き

おいしさの
理由1

激しく複雑な対流を起こす、底IH構造で甘み成分が
アップ。※1

2つのヒーターを独立制御できる
ローテーションIH構造

2つの底IHヒーターで火力をそれぞれ制御し、部分的な集中加熱を実現。釜内の温度差が激しく複雑な対流を起こし、高温の熱をお米一粒一粒に伝えます。

単位面積当たり約12.5W/㎠ 2つの独立制御

従来の底IHヒーター

従来の加熱方式は、1つの底IHヒーターで内釜全体を加熱していたが、一粒一粒に伝わる熱が弱かった。

単位面積当たり約3.0W/㎠ ※3 一括制御

炎舞炊きの、より激しい対流を
動画でご覧ください。

※1 2018年当社従来品NP-QT型との比較 甘み成分の一つ還元糖量 当社自社基準による東京農業大学調べ 。
※2 中パッパ~沸とう維持工程の単位面積当たりの火力比較 2018年当社従来品NP-QT型 約3.0W/㎠とNW-ES07型 約12.5W/㎠との比較当社調べ。単位面積当たりの火力算出方法=中ぱっぱ~沸とう維持工程の平均電力(W)÷IHヒーター加熱面積(㎠)×発熱効率(電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定)
※3 2018年当社従来品NP-QT型。

おいしさの
理由2

激しい炎のゆらぎを再現。

ローテーションIH構造を採用した「炎舞炊き」。激しい炎のゆらぎを再現した炊き方で、激しく複雑な対流を起こします。

■激しい熱の対流を赤外線カメラで撮影

新製品NW-ES型

2つに独立した底IHヒーターで、
激しい炎のゆらぎを再現しています。

かまど

激しく炎がゆらぐことで釜内が部分的に加熱され、
温度差が生まれます。

おいしさの
理由3

炊きムラを一段と抑える。

炎舞炊きは、釜底から天面までお米を良くかき混ぜ、炊きムラを抑えます。※4一粒一粒をふっくら炊き上げ、お米の甘み成分(還元糖)を引き出します。

■炊き上がったごはんの断面を撮影(当社調べ)※5

玄米と白米が良く混ざり、より均一に炊き上げています。
新製品NW-ES型 従来品NP-QT型
※4 象印の炊飯ジャーの中での比較。当社自社基準による当社調べ。
※5 2カップ(白米・玄米各1合)での実験白米ふつう炊飯時 当社調べ(お米の銘柄・水の量などによって異なります)

★イラストは全てイメージです。

  • 5.5合炊き/1升炊き NW-KB10・18
  • 4合炊き NW-ES07

カテゴリ別一覧